ニュース

GM、安全装備を充実させて「CarPlay」対応の新型「シボレー キャプティバ」

LEDポジションランプを新採用したフロントマスクでイメージ一新

2016年1月9日発売

379万円〜414万円

 ゼネラルモーターズ・ジャパンは、7人乗りのミッドサイズSUV「シボレー キャプティバ」の装備内容を変更して1月9日に発売する。全車右ハンドル仕様で価格は379万円〜414万円。

モデル エンジン 変速機 駆動方式 価格
キャプティバ 直列4気筒DOHC 2.4リッター 6速AT 4WD 3,790,000円
キャプティバ ラグジュアリー
4,140,000円
標準装備のインフォテイメントシステム「シボレー マイリンク」が「CarPlay」に対応。音声アシスタントサービス「Siri」による音声コマンド操作が可能になる

 新しいキャプティバでは内外装のデザインを変更したほか、死角を補う先進安全装備の採用、米Appleの「CarPlay」に対応するなどの改良が施されている。

 外観ではフロントマスクの意匠変更を実施。ヘッドライト内のポジションランプをLED化してシャープさを与え、上下2分割式のデュアルポートグリルには水平方向の印象を強調するクロームバーを追加。さらにバンパー両サイドに設定するフォグランプの周辺やアンダーガードなどのデザインを変更し、スタイリッシュなテイストをアピールしている。また、インテリアではクラスターメーターとインテリアトリムパネルのデザイン変更を行なっている。

 安全装備では従来から採用しているESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)、ブレーキアシスト、ARP(アンチ・ロールオーバープロテクション)、HDC(ヒル・ディセント・コントロール)などに加え、新たにドアミラー鏡面部のアイコン表示で死角位置にほかの車両がいることを知らせる「サイドブラインドゾーンアラート」、センサーが車両後方をチェックし、自車の後方を横切る車両や人の存在をディスプレイ表示とビープ音で警告する「リアクロストラフィックアラート(後退時安全確認警告機能)」などを採用。さらにパーキングアシストがリアだけではなくフロント側にも対応し、リアビューカメラも追加されている。

 このほか、カーナビやオーディオ類などを統合制御するインフォテイメントシステム「シボレーMyLink(マイリンク)」が米Appleの「CarPlay」に対応。インパネ中央に設置されているディスプレイにiPhone対応アプリの表示内容を直接表示できるほか、音声アシスタントサービス「Siri」による音声コマンド操作が可能となり、さまざまな操作がハンズフリーで行なえる。

(編集部:佐久間 秀)