ニュース

横浜ゴム、東京オートサロン2016で未発表のスポーツラジアルタイヤを参考出品

「ADVAN Racing RG-D」の後継モデルを初披露するほか、「ADVAN消しゴム」を数量限定で販売

2016年1月5日発表

東京オートサロン2016における横浜ゴムのタイヤブース(イメージ)

 横浜ゴムは1月5日、1月15日〜17日に開催される「東京オートサロン2016」の出展概要を発表。タイヤブースとホイールブースを展開し、グローバル・フラグシップブランド「ADVAN(アドバン)」のハイパフォーマンス性を全面にアピールする。

 タイヤブースでは、2016年から「ADVAN」レーシングタイヤをワンメイク供給する全日本スーパーフォーミュラ選手権のマシンとSUPER GT参戦マシンを展示し、“ADVAN=走り”のイメージを印象づけるとともに、ハイパワープレミアムカー向けタイヤ「ADVAN Sport V105(アドバン・スポーツ・ブイ・イチマルゴ)」のアピールを目的として欧州車と国産車のドレスアップ&チューニングカーを展示。また、「ADVAN」ブランドの全15種をフルラインアップで展示するほか、未発表のスポーツラジアルタイヤのプロトタイプを参考出品。さらに2015年7月からパートナーシップ契約を開始したバークレイズ・プレミアリーグ「チェルシーFC」コーナーも設置する。

ホイールブースも用意される(写真は東京オートサロン2015のもの)

 ホイールブースでは「ADVAN Racing(アドバン・レーシング)」ブランドをメインに紹介し、フラグシップモデル「ADVAN Racing GT」ではポルシェ専用サイズを展示。また、「ADVAN Racing RS-DF」のプログレッシブモデルとなる18インチモデルや「ADVAN Racing RG-D」の後継モデルを初披露。さらに「ADVAN Racing RZII」に追加された「ADVAN Racing」史上初の軽自動車向け商品も展示される。

 そのほか、ステージイベントでは全日本スーパーフォーミュラ選手権のドライバーに加え、SUPER GTに参戦している片山右京監督、近藤真彦監督、織戸学選手、谷口信輝選手らによるトークイベントを開催。加えて「ADVAN消しゴム」も数量限定で販売する。

(編集部:小林 隆)