ニュース

日産自動車、2015年度第3四半期の決算を発表。累計の売上高は8兆9430億円と前年比10.6%増

「北米と西欧での好調な販売が、減益要因に勝った結果」と田川常務執行役員

2016年2月10日 発表

 日産自動車は2月10日、2015年度第3四半期(2015年10月〜12月)の決算を発表した。第3四半期累計(9カ月)のグローバル販売は389万1000台で、累計の売上高は前年比10.6%増となる8兆9430億円。営業利益は5875億円、経常利益は6310億円。その結果、通年の業績見込みは12兆2500億円、営業利益は7300億円、経常利益は7900億円と、2015年11月に発表した「上方修正のまま」であることが発表された。

2015年度第3四半期累計のグローバル販売台数は、対前年比1.4%増の389万1000台

日産自動車株式会社 常務執行役員 田川丈二氏

 決算説明を行なった日産自動車 常務執行役員 田川丈二氏は、「日本の国内市場や新興国通貨安とその他地域の厳しい市況のなか、新車攻勢により北米と西欧では活発な需要と販売台数増となった。これらの市場における好調な販売が、減益要因にも勝った結果である」と述べるとともに、「グローバル販売台数、連結売上高および連結当期純利益は、9カ月間の実績として過去最高」であることが報告された。

 第3四半期の累計販売台数は、日本国内ではエクストレイルが4万1200台、デイズ/デイズ ルークスが9万1500台などで対前年比8.2%減の38万3000台。中国では同1.8%増の85万9000台の実績となった。北米での販売実績は、「ローグ」と「アルティマ」がけん引役を果たし、米国では同8.3%増となる111万7000台、カナダでは同13.0%増となる10万4000台、メキシコでは同16.9%増となる26万7000台となっている。

 また、ロシアを除く欧州でも同12.5%増となる45万台を販売しているが、ロシア国内のみを見ると32.7%減となる9万台にとどまった。

2015年度第3四半期のグローバルでの販売実績(9カ月)
日本国内について
中国について
欧州について

 田川氏は「インフィニティは2015年で前年を16%上回る、過去最高となる21万5250台のグローバル販売を記録した。また、今年はタイタンに複数のバリエーションを追加する予定。米国の力強い商品ラインアップをさらに拡充することになる」と、2016年の展開についても触れた。

2016年の展開などについて

2015年暦年のアライアンスのグローバル販売台数は850万台

 ルノー・日産アライアンスに関して田川氏は、「5年前のシナジー効果はわずか15億ユーロだったが、2016年に43億ユーロにのぼる年間シナジー効果を実現する見込み。研究・開発、生産技術、そして購買の機能統合が寄与している」と語るとともに、ルノーのトラックは日産「ナバラ」をベースに開発され、パートナーであるダイムラーの新たなメルセデス・モデルも共同開発しているとのこと。また、メキシコでは日産のアグアスカリエンテス工場の隣接地に共同組立工場を建設し、そこでインフィニティとメルセデスのモデルを生産する予定ともコメントしていた。

2015年度の通期見通しなどについて

(酒井 利)