ニュース

マツダ、開発者によるレクチャーや同乗試乗を実施する「Be a driver. Experience at Tosu」参加者募集

3月25日〜27日に佐賀県 鳥栖プレミアム・アウトレットで開催

2016年3月25日〜27日開催

「ドライビングポジション」開発者によるドラポジレクチャーや同乗試乗などが行なわれる「Be a driver. Experience at Tosu」

 マツダは、3月25日〜27日に佐賀県 鳥栖プレミアム・アウトレットで「Be a driver. Experience at Tosu」を開催する。このイベントへの参加申し込みを3月1日に開始した。応募締切は3月7日。

「Be a driver. Experience at Tosu」では、マツダの新世代商品群である「ロードスター」「CX-3」「デミオ」「アクセラ」「アテンザ」「CX-5」の6台をすべて展示。全車種共通の考えで設計した「ドライビングポジション」開発者によるドラポジレクチャーや同乗試乗などが行なわれる予定で、ユーザーとマツダの開発者が直接コミュニケーションできる体感イベントとなっている。

「Be a driver. Experience at Tosu」開催概要

日程:3月25日(金)〜3月27日(日)※25日は展示のみ
時間:(展示)10時〜17時(体感イベント)10時30分〜12時40分、14時〜16時10分
会場:鳥栖プレミアム・アウトレット Palm Avenue(佐賀県鳥栖市弥生が丘8-1)
展示車両:「ロードスター」「CX-3」「デミオ」「アクセラ」「アテンザ」「CX-5」計6台

(編集部:小林 隆)