写真で見る

写真で見る トヨタ「ハリアー プロトタイプ」

 トヨタ自動車は7月24日、新型「ハリアー」を今冬発売すると発表してプロトタイプ車両の画像を公開したが、その後、報道関係者が集まる試乗会場にプロトタイプモデルの撮影用車両を用意。撮影禁止とされたエンジンルーム以外の写真を撮影できたので、ここで紹介する。この車両についてトヨタから解説や紹介は行われていないが、センターコンソールやメーターパネル内に「EV MODE」の表示やアイコンが設置されており、ハイブリッドモデルであることがうかがえる。

新型ハリアー(プロトタイプ)
ヘッドライトの発光パターン
リアコンビランプの発光パターン
インパネ全体にレザートリムを配置
ウッドとレザーのコンビネーションステアリング
2眼式メーターは中央に液晶ディスプレイを配置。さまざまな情報を見やすく表示する
センターコンソールと純正ナビの画面に段差がなく、操作部分もほとんどがタッチパネル式となって一体感のあるデザインとなっている
ゲート式のセレクターレバー。マニュアルモードを備えていることが分かる
トヨタのハイブリッドモデルで一般的なブルーのパワースイッチ
パーキングブレーキは足踏み式となっている
フロントのドアトリムにハリアーのエンブレムが型押しされている
ブラックのレザーシートを装着
奥行きのあるラゲッジルームには、手前側にアンダースペースを設置してさらに容量を確保する
テールゲートに電動開閉用のスイッチを用意
ラゲッジルーム内のスピーカーにはJBLのロゴマークが装着されていた

(編集部:佐久間 秀 / Photo:安田 剛)