ニュース

2019年9月の車名別ランキング、「シエンタ」が1万3558台を販売して2か月連続乗用車1位

軽自動車1位は2万8484台を販売した「N-BOX」。2位「タント」も2万台超え

2019年10月4日 発表

トヨタ自動車「シエンタ」は1万3558台を販売して2か月連続の1位獲得

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は10月4日、2019年4月の乗用車車名別販売台数と軽四輪車通称名別新車販売速報を発表。乗用車、軽自動車ともに1位は8月と同じトヨタ自動車「シエンタ」、本田技研工業「N-BOX」となっている。

乗用車ベスト10。1万3558台を販売して「シエンタ」が2か月連続で1位

1位 トヨタ「シエンタ」:1万3558台(前年同月比185.4%)
2位 日産「ノート」:1万3183台(前年同月比97.0%)
3位 トヨタ「プリウス」:1万1158台(前年同月比116.7%)
4位 トヨタ「カローラ」:1万1046台(前年同月比126.5%)
5位 トヨタ「ヴォクシー」:1万178台(前年同月比141.6%)
6位 トヨタ「アクア」:9737台(前年同月比97.2%)
7位 日産「セレナ」:9224台(前年同月比98.1%)
8位 トヨタ「ルーミー」:9046台(前年同月比125.0%)
9位 ホンダ「フリード」:8108台(前年同月比100.2%)
10位 トヨタ「タンク」:7569台(前年同月比115.1%)

 乗用車の1位は8月に続いて2か月連続でシエンタ。2位は1位と375台差で日産自動車「ノート」が続く。3位は4月~7月の4か月連続で1位だったトヨタ「プリウス」、4位は9月17日にセダンとワゴンがフルモデルチェンジして12代目に進化したトヨタ「カローラ」で、5位のトヨタ「ヴォクシー」までが1万台以上を販売した。

1位と375台差で2位となった日産自動車「ノート」

軽自動車ベスト10。25か月連続で「N-BOX」が1位

2万8484台を販売して1位になった本田技研工業「N-BOX」

1位 ホンダ「N-BOX」:2万8484台(前年同月比126.4%)
2位 ダイハツ「タント」:2万1858台(前年同月比184.3%)
3位 日産「デイズ」:1万7841台(前年同月比118.4%)
4位 スズキ「スペーシア」:1万5754台(前年同月比114.2%)
5位 ダイハツ「ムーヴ」:1万3497台(前年同月比121.0%)
6位 ダイハツ「ミラ」:8647台(前年同月比85.7%)
7位 スズキ「ワゴンR」:8631台(前年同月比95.9%)
8位 スズキ「ハスラー」:6907台(前年同月比99.5%)
9位 スズキ「アルト」:6539台(前年同月比94.2%)
10位 三菱自動車「eK」:5675台(前年同月比113.0%)

 8月と同じ5台がそのままの順番で上位に名を連ねた9月のランキング。N-BOXは現行型の2代目モデルが2017年9月に発売されて以来、25か月連続で1位の座を守り続けており、10月には安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」の機能などを向上させた一部改良モデルの販売がスタート。好調な販売ペースの維持に余念がない。また、7月にフルモデルチェンジを行なって4代目となったダイハツ工業「タント」も2万1858台を販売し、8月~9月の2か月連続で2位となっている。3位の日産「デイズ」から5位のダイハツ「ムーヴ」までが1万台以上を販売。

 なお、8月にフルモデルチェンジして2代目に進化し、8月のランキングでは6位となっていた「N-WGN」だが、9月は2121台の販売で14位となっている。

2位のダイハツ工業「タント」も2万1858台を販売