東京オートサロン 2016

トヨタ、「TOYOTA S-FR」のレーシングカー仕様を世界初公開

限定100台の「86 GRMN」、すでに2000件以上の申し込み

2016年1月15日〜17日開催

TOYOTA S-FR Racing Concept(世界初公開)

 2015年開催の第44回東京モーターショーに出展されたコンセプトカー「TOYOTA S-FR」が、レーシングカーとなって帰ってきた。ファニーなイメージを与えるフロントグリルはそのままに、大きく張り出した前後フェンダーやボンネットスクープなど、随所にサーキットをイメージさせるエッセンスを注入。小粒でもピリリと辛いコンパクトスポーツの誕生だ。

TOYOTA S-FR Racing Concept。ボディサイズは4100×1735×1270mm(全長×全幅×全高)、ホイールベース2480mm

TOYOTA FT-1(日本初披露)

 2014年の北米オートショー(デトロイトショー)でお披露目された「FT-1」が国内初登場。将来のスポーツカーデザインに向けたスタディコンセプトモデルで、デザインを担当したのはトヨタの米国デザイン拠点Calty Design Research, Inc.。柔らかな曲線を描くグラマラスなボディは、FR車らしいロングノーズ&ショートデッキ。未来的なディティールとクラシカルなフォルムのコンビネーションは、多くの人々を魅了してやまない。

TOYOTA FT-1

86 GRMN

86 GRMN

 限定100台での発売が決定した86 GRMN。単なるカスタマイズカーではなくパーツ単位で製造元のスバル(富士重工業)から取り寄せ、カーボンルーフなどの専用パーツを装着、LFAを生産した元町工場でマイスターが組み上げる。

 エンジンはassyで取り寄せた後、TRD(トヨタテクノクラフト)でネジ1本に至るまで分解。軽量ピストンなどを組み込んでベンチテストを実施。トヨタの技術を惜しみなく注ぎ込んだのがこの1台なのだ。

 ちなみに、購入資格を得るための抽選の応募期間は2016年1月22日までとなっているが、スタッフによればすでに2000件以上の申し込みがあるとのこと。このクルマを手にすることができるのは、かなりの運の持ち主と言えそうだ。

開発テーマは軽量化と操縦性。ボンネット、ルーフ、トランクがカーボンとなっているほか、リアサイドウインドウはポリカーボネイト製となる

VOXY G's Concept/NOAH G's Concept(世界初披露)

 人気ミニバンにスポーティなテイストを。歴代のG'sで培われた知見をもとに、新型“ノアボク”をカスタマイズ。ステアリング切り始めの過渡特性の向上をテーマに、ボディ下部への補強ブレース類の装着やサスペンションをチューニング。G'sならではのルックスはもちろん、スポーティかつ上質なインテリアは、オーナーに走る楽しみを与えてくれる。車名には「コンセプト」の名がつけられているが完成度は高く、近い将来の発売が期待される。

NOAH G's Concept
VOXY G's Concept

TS030 HYBRID 8号車(2013年型)

 2013年のFIA世界耐久選手権(WEC)に参戦した車両。アンソニー・デビットソン選手、セバスチャン・ブエミ選手、ステファン・サラザン選手のドライブにより、富士とバーレーンで優勝した。

2013年型TS030 HYBRID 8号車

YARIS WRC

 2017年からの参戦が予定されているFIA世界ラリー選手権(WRC)。その準備段階として現行レギュレーションのもとで製作されたのがこの車両。ヤリス(国内名:ヴィッツ)をベースに、ハイパワーエンジンや4WDシステムが搭載されている。

YARIS WRCテストカー

TOYOTA GAZOO Racing Vitz GRMN Turbo

 2015年4月からトヨタ自動車 凄腕技能養成部のメンバー5名がラリーメカニックとして車両開発に参加。実戦経験をもとに制作したのがこの車両。全日本ラリー選手権 Rd.5 “がんばろう!福島MSCCラリー2015”でデビューした。

TOYOTA GAZOO Racing Vitz GRMN Turbo

ニュルブルクリンク24時間耐久レース歴代参戦車両

ブースに並ぶニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦車両

 2007年デビューのアルテッツアから2015年のLFA CodeXまで、歴代の参戦車両が一堂に集結。1日2回行われる「レーシングカー分解・組み立てショー」にも使用される。

アルテッツアRS200(2007年)。当初は予算がなかったためユーズドカーによる参戦だったという
LEXUS LF-A(2008年)
LEXUS LF-A(2009年)
LFA(2010年)
LFA(2011年)
LFA(2012年)
86(2013年)
LFA(2014年)
LFA CodeX(2015年)
トヨタブース

安田 剛

デジモノ好きのいわゆるカメライター。初めてカーナビを購入したのは学生時代で、まだ経路探索など影もカタチもなかった時代。その後、自動車専門誌での下積みを経てフリーランスに。以降、雑誌やカーナビ専門誌の編集や撮影を手がける。一方でカーナビはノートPC+外付けGPS、携帯ゲーム機、スマホ、怪しいAndroid機など、数多くのプラットフォームを渡り歩きつつ理想のモデルを探索中。