ニュース

ホンダ、「フィット ハイブリッド」「ヴェゼル ハイブリッド」をリコール。計17万5356台

全車両でエンジン制御コンピューターを対策プログラムに書き換えて対応

基準不適合発生個所
2014年7月10日発表

 本田技研工業は7月10日、「フィット ハイブリッド」「ヴェゼル ハイブリッド」をリコールすると発表した。対象となるのは、2013年7月17日〜2014年7月1日に製作されたフィット ハイブリッドの13万1040台と、2013年12月5日〜2014年7月1日に製作されたヴェゼル ハイブリッドの4万4316台で、計17万5356台。なお、対象範囲の一部には改修対象ではない車両も含まれている。

 今回のリコールでは、エンジン制御ユニット(ECU)のプログラムが不適切で、1)ECUが検知して学習しているクラッチ推定摩擦特性と実クラッチ摩擦特性がずれた状態になり、EV走行モードでの走行中にモーター駆動でエンジンが始動した場合、モーターから過大な駆動力が発生することがある。これにより、運転者が意図せず車速が一瞬増加するおそれがある。2)エンジン走行モードでの停車中にシフトレバーをDレンジ、またはRレンジに操作して発進するときのギヤの噛み合い動作や、EV走行モードで急勾配の坂道にゆっくり進入し、一時停止してエンジンが始動したとき、アクセルペダルを強く踏み込むとモーターから過大な駆動力が発生して車両が急発進するおそれがある。という2点が改善措置の対象となっている。

 改善措置としては、全車両でエンジン制御コンピューターを対策プログラムに書き換えるとしている。

(編集部:佐久間 秀)