ニュース

スバル、伝統のショートストローク水平対向4気筒エンジン搭載の新型スポーツセダン「WRX STI」

227kW(308PS)の2.0リッターツインスクロールターボ+6速MT

新型「WRX STI」
2014年8月25日発売

379万800円〜411万4800円

 スバル(富士重工業)は8月25日、新型スポーツセダン「WRX STI」を発売した。価格は379万800円〜411万4800円。

新型スポーツセダン「WRX STI」。写真は上位グレードのSTI Type S
STI

 WRXという車名はこれまでインプレッサシリーズのスポーツバリエーションとして使われてきたが、新型WRXから車種として独立。水平対向4気筒 DOHC 2.0リッターツインスクロールターボ(EJ20型)+6速MTを搭載する「WRX STI」と、水平対向4気筒 DOHC 2.0リッター直噴ターボ(FA20DIT型)+8速マニュアルモード付きリニアトロニックCVTを搭載する「WRX S4」がラインアップされている。本記事では、WRX STIを紹介する。

車種名 グレード エンジン 変速機 駆動方式 価格
WRX STI STI 水平対向4気筒 DOHC 2.0リッター
ツインスクロールターボ
6速MT 4WD 3,790,800円
STI Type S 4,114,800円
クリスタルホワイト・パール
アイスシルバー・メタリック
ダークグレー・メタリック
クリスタルブラック・シリカ
ライトニングレッド
WRブルー・パール

 WRX STIは、WRXシリーズ共通の商品コンセプトである「Pure Power in Your Control」を高次元で具現化した、WRXシリーズのトップモデル。搭載するエンジンは、スバル伝統のショートストローク(ボア×ストローク 92.0×75.0mm)水平対向4気筒 DOHC 2.0リッターツインスクロールターボエンジン(EJ20型)で、マルチモードDCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)付き6速MTと組み合わされ4輪を駆動する。LSDに関しても、フロントヘリカルLSD、リアトルセンLSDを装備している。

 EJ20型エンジンの最高出力227kW(308PS)/6400rpm、最大トルク422Nm(43.0kgm)/4400rpmとも先代と同様のスペックだが、ECU(エンジンコントロールユニット)制御の緻密化により、加速レスポンスを向上。エンジン特性を3段階に切り替えることが可能な「SI-DRIVE」の「インテリジェント(I)」モードの加速特性も引き上げている。

最高出力227kW(308PS)/6400rpm、最大トルク422Nm(43.0kgm)/4400rpmを発生するEJ20型エンジン
可変バルブタイミング機構を吸気側、排気側に採用する
ツインスクロールターボ
等長等爆エキゾースト
ツイン・デュアルテールパイプ
エンジン性能曲線
フロントヘリカルLSD
リアトルセンLSD
マルチモードDCCD
DCCD AUTOモードの走行イメージ

 ショートストロークタイプの6速MTは、メインロッドに新たにディテント(戻り止め)を追加し、シフトレバーのニュートラルポジションを明確化。リバースアイドラーギヤのシザースギヤのスプリングを最適化することで、リバースシフト時の質感向上を図っている。

6速MT
メインロッドに新たにディテント(戻り止め)を追加
リバースアイドラーギヤのシザースギヤのスプリングを最適化

 ボディーサイズは、4595×1795×1475mm(全長×全幅×全高)で、ホイールベースは2650mm。従来型は4580×1795×1470mmと2625mmで、ホイールベースの延長分である25mmは後席足下空間の拡大にすべて割り当てたとする。

 大きく変更されているのはボディー&シャシー剛性で、先代WRX STI比で、ねじり剛性係数40%以上、曲げ剛性係数30%以上の向上となったほか、フロントフードやドア、トランクリッドの軽量化などで、重心高を約10mm引き下げた。

ボディー各部の剛性を向上
アンダーカバーの底面も15mm引き下げられている

 フロントデザインは、スバルの統一デザインモチーフであるヘキサゴングリルからはじまる造形で、ワイド&ローを強調。STIではオプション、STI Type Sでは標準装着となる大型リアスポイラーにより、空力性能も向上しているという。また、WRX STIでは、専用の“STI”マークをフロントグリルやフェンダーに配している。

 走りのトップモデルであるWRX STIは、ブレンボと共同開発したブレーキを装備。フロントは異径ピストンの対向4ピストン、リアは対向2ピストンのキャリパーとしているほか、楕円リブ形状を採用した17インチベンチレーテッドローターを採用。ステアリングシステムについても、従来型同様の油圧パワーステアリングを採用しながら、ステアリングギヤボックスのバネ定数を従来型比400%にするとともに、トーションバー剛性を引き上げ。ダイレクトな操舵フィーリングを実現したという。

ブレーキはブレンボと共同開発

 インテリアは、WRX STI専用にレッドの加飾を効果的に使ったもので、フロントシートはアルカンターラ/本革の専用バケットデザインを採用。ヘッドレストにはSTIロゴが刻まれる。

コクピット全景
アルカンターラ/本革のインテリア
オプションで選択可能な本革のインテリア
Dシェイプステアリングホイールを採用
レッドゾーンはEJ20型らしく8000rpmから始まる
シフトレバー
SI-DRIVEによってエンジン特性を変更可能
Iモードでの加速レスポンスが変更された
MFD(マルチファンクションディスプレイ)にはブースト計も表示可能
燃費表示など
4輪のトルク表示
エンジンスタートスイッチ
サイドミラーまわり
キーレスアクセスキー
トランクルーム
リアシートは6:4分割式

 WRX STIのグレード構成は、STIとSTI Type Sの2グレード。エンジン、トランスミッションに変更はなく、STI Type Sでは前述のように大型リアスポイラーが標準装備されるほか、18インチホイールがアルミ鋳造タイプから、BBS製の鍛造タイプへと変更。同じフロント倒立式ながら、STI Type Sではビルシュタイン製のダンパーをフロント・リアともに装備する。

STI Type Sではビルシュタイン製ダンパーを装備
STIの18インチアルミホイール
STI Type Sは、BBS製18インチ鍛造アルミホイール

 スバルのモータースポーツシーンでは、EJ20型水平対向4気筒エンジンが活躍しているが、市販車では新型WRX STIが唯一の選択肢となる。また、6速MTに関しても新型WRX STIにしか存在せず、「Pure Power in Your Control」を高次元で具現化したスバルのモータースポーツ直系モデルになる。

WRX STIグレード STI STI Type S
エンジン 水平対向4気筒 DOHC 2.0リッター ツインスクロールターボ
エンジン型式 EJ20
ボア×ストローク[mm] 92.0×75.0
最高出力[kW(PS)/rpm] 227(308)/6400
最大トルク[Nm(kgm)/rpm] 422(43.0)/4400
JC08モード燃費[km/L] 9.4
燃料種類 無鉛プレミアムガソリン
トランスミッション 6速MT
駆動方式 4WD
重量[kg] 1480 1490
全長×全幅×全高[mm] 4595×1795×1475
ホイールベース[mm] 2650
前/後トレッド[mm] 1530/1540
前/後サスペンション ストラット/ダブルウイッシュボーン
前/後ブレーキ ベンチレーテッドディスク/ベンチレーテッドディスク
前/後タイヤサイズ 245/40 R18
前/後ホイールサイズ 18インチアルミホイール BBS製18インチアルミ鍛造ホイール
最小回転半径 5.6
燃料タンク[L] 60
定員(人) 5

(編集部:谷川 潔)