ニュース

ダイハツ、「e:Sテクノロジー」で19.6km/Lを実現した新型「ハイゼット トラック」

ボディーカラーは全8色。特装車両の「ハイルーフ」「ジャンボ」も発売予定

ハイゼットトラック エクストラ
2014年9月2日発売

65万3400円〜119万8800円

 ダイハツ工業は9月2日、軽商用車の新型「ハイゼット トラック」を発売した。価格は65万3400円〜119万8800円。

グレード エンジン 変速機 駆動方式 価格
スタンダード“エアコン・パワステレス” 直列3気筒DOHC 0.66リッター 5速MT 2WD(FR) 653,400円
4速AT 750,600円
5速MT 4WD 804,600円
4速AT 901,800円
スタンダード 5速MT 2WD(FR) 804,600円
4速AT 901,800円
5速MT 4WD 955,800円
4速AT 1,053,000円
エクストラ 5速MT 2WD(FR) 950,400円
4速AT 1,047,600円
5速MT 4WD 1,101,600円
4速AT 1,198,800円
スタンダード 農用スペシャル 5速MT 982,800円
ハイゼット トラック スタンダード
ハイゼット トラック スタンダード“農用スペシャル”
荷台の積載性に関する各種データ

 15年ぶりとなる今回のフルモデルチェンジではボディー構造を一新。乗降性を改善し、キャビンの居住性を高めるなど使い勝手を向上させたほか、ボディー剛性強化によってキャビンの静粛性と操縦性、衝突安全性能などを向上させた。また、フロントサスペンションの構造を変更。サスペンションアームを車両前側に取り付ける「テンションタイプ」から車両後側に取り付ける「コンプレッションタイプ」に改め、ブレーキング時や路面の凹凸を乗り越えたときなどのノーズダイブを抑制して安定性を高めている。

 パワートレーンでは「ミラ イース」などで培ってきた「e:S(イース)テクノロジー」を継承し、エンジンの高圧縮比化、燃焼改善、メカニカルロスの低減、電子スロットルの採用などを行い、5速MTでは5速をハイギヤード化して低粘度オイルを採用し、4速ATは軽トラック唯一となる電子制御式とした。これらの技術により、最も軽量なスタンダード“エアコン・パワステレス”の2WD(FR)・5速MT車では19.6km/LのJC08モード燃費を達成。そのほかのグレードでも14.7km/L〜19.0km/Lとなっている。

 このほか、ボディーカラーはホワイトを基本に、スタンダード“エアコン・パワステレス”以外のグレードで選択できる「選べるカラーパック」のオプション設定で、「トニコオレンジメタリック」「オフビートカーキメタリック」などの個性的なカラーを含めた全8色をラインアップ。このほかにもパックオプションを豊富に設定し、「ビューティパック」「農業女子パック」など女性ユーザーの使用をターゲットとしたパックオプションも用意されている。また、キャビンのヘッドスペースを拡大した「ハイルーフ」、キャビン後方の空間を拡大した「ジャンボ」などの特装車両も年内発売予定としている。

「トニコオレンジメタリック」(9月末発売予定)
「オフビートカーキメタリック」(9月末発売予定)
「ライトローズマイカメタリック」
「ミストブルーマイカメタリック」
「ブラックマイカメタリック」
「ブルーマイカメタリック」
「ブライトシルバーメタリック」
「ホワイト」
ハイゼットトラック エクストラのインパネ
ハイゼットトラック エクストラのシート
電子制御式4速ATを新採用
インパネ中央下側の「大型インパネロアポケット」は1L紙パック飲料も置けるサイズ
特装車両のハイゼット トラック ハイルーフ
特装車両のハイゼット トラック ジャンボ

(編集部:佐久間 秀)