ニュース

BMW、ディーゼル×4WDをラインアップする新型「MINI クロスオーバー」「MINI ペースマン」

ディーゼルエンジンは2.0リッター可変ジオメトリーターボで最高143PS/305Nmを実現

新型「MINI クロスオーバー」と並んでフォトセッションに臨むビー・エム・ダブリュー MINIディビジョン本部長のフランソワ・ロカ氏
2014年9月8日発売

MINI クロスオーバー:275万円〜477万円

MINI ペースマン:308万円〜477万円

 ビー・エム・ダブリューは9月8日、MINIディビジョンの新型4ドアSUVモデル「MINI クロスオーバー」、新型スポーツ・アクティビティ・クーペ「MINI ペースマン」を発売した。価格はMINI クロスオーバーが275万円〜477万円、MINI ペースマンが308万円〜477万円。

MINI クロスオーバー

モデル エンジン 変速機 価格
MINI ワン クロスオーバー 直列4気筒DOHC 1.6リッター直噴(98PS) 6速MT 2,750,000円
6速AT 2,880,000円
MINI クーパー クロスオーバー 直列4気筒DOHC 1.6リッター直噴(122PS) 6速MT 3,080,000円
6速AT 3,210,000円
MINI クーパー D クロスオーバー 直列4気筒DOHC 2.0リッター 直噴可変ジオメトリーターボディーゼル(112PS) 3,410,000円
MINI クーパー D クロスオーバー ALL4 3,620,000円
MINI クーパー SD クロスオーバー 直列4気筒DOHC 2.0リッター 直噴可変ジオメトリーターボディーゼル(143PS) 3,870,000円
MINI ジョン・クーパー・ワークス クロスオーバー 直列4気筒DOHC 1.6リッター直噴ターボ(218PS) 6速MT 4,600,000円
6速AT 4,770,000円

MINI ペースマン

モデル エンジン 変速機 価格
MINI クーパー ペースマン 直列4気筒DOHC 1.6リッター直噴(122PS) 6速MT 3,080,000円
6速AT 3,210,000円
MINI クーパー D ペースマン 直列4気筒DOHC 2.0リッター 直噴可変ジオメトリーターボディーゼル(112PS) 3,410,000円
MINI クーパー S ペースマン 直列4気筒DOHC 1.6リッター直噴ターボ(190PS) 6速MT 3,620,000円
6速AT 3,750,000円
MINI ジョン・クーパー・ワークス ペースマン 直列4気筒DOHC 1.6リッター直噴ターボ(218PS) 6速MT 4,600,000円
6速AT 4,770,000円
MINI クーパー SD クロスオーバー
発表会の会場には、「ジャングル・グリーン・メタリック」(写真左・中央)と「チリ・レッド・ソリッド」(写真右)の2色のMINI クーパー SD クロスオーバーが展示

プレミアムコンパクトでクラス初のクリーンディーゼルエンジンを採用

 それぞれプレミアム・コンパクト・セグメントのハッチバックモデル「MINI」の派生車種となるモデルで、今年4月にMINIが第3世代に一新されたことを受け、MINI クロスオーバーとMINI ペースマンもモデルチェンジされることになった。

 内外装に大きな変更はなく、フロントマスクでは六角形のフロントグリル丸形フォルムのヘッドライトなどMINIブランドのアイデンティティを継承しつつ、ヘッドライトベゼルやサイド・スカットルなどの要所をハイグロスブラック仕上げとしたほか、内装でもインパネ中央のセンターメーターの文字盤を黒系のアンスラサイト色に変更。MINI クロスオーバーでは外観のフロント、サイド、リアにアンダーガードをイメージしたシルバー塗装のフィニッシャーを装着している。

 パワートレーンでは、プレミアムコンパクトのクラスで初めてクリーンディーゼルエンジンを採用したことが大きなトピック。DPF(粒子状物質除去フィルター)、NOx吸蔵還元触媒などの技術によって日本の「ポスト新長期規制」をクリアするこのクリーンディーゼルエンジンでは、コモンレールダイレクトインジェクションシステム、可変ジオメトリーターボチャージャーなどを採用。クーパー Dで最高出力112PS/4000prm、最大トルク270Nm/1500-2500rpm。クーパー SDで最高出力143PS/4000prm、最大トルク305Nm/1750-2700rpmを発生する。トランスミッションは6速ATとの組み合わせとなり、最も燃費がよいクーパー SD クロスオーバーのJC08モード燃費は16.6km/Lとなる。

新しいMINI クロスオーバーではクリーンディーゼルエンジンと4WDシステム「MINI ALL4」を組み合わせたモデルも設定
樹脂製のフェンダーアーチとコーディネートしたハイグロスブラックのヘッドライトベゼルやサイド・スカットルなどを採用
MINIモデルのアイデンティティである台形フィルムのリアコンビネーションランプにもハイグロスブラックの加飾を設定
新型MINI クーパー Sにも採用されているフロントアンダーグリルのエアインテークを新採用。バンパー下側にはアンダーガードをイメージしたシルバー塗装のフィニッシャーを装着
SUVモデルらしく、タイヤはブリヂストンのデューラーを採用。MINI クーパー SD クロスオーバーのタイヤサイズは前後205/55 R17
MINI クーパー SD クロスオーバーに搭載するクリーンディーゼルエンジンは最高出力143PS/4000prm、最大トルク305Nm/1750-2700rpmを発生
MINI初のディーゼルエンジンだけに、給油口には厳重に「DIESEL」「軽油に限る」との警告文を設置
ビー・エム・ダブリュー MINIディビジョン本部長 フランソワ・ロカ氏

 発売日に東京駅に隣接する同社施設「BMW Group Studio」で開催された発表会では、ビー・エム・ダブリュー MINIディビジョン本部長のフランソワ・ロカ氏が登壇して商品解説を実施。ロカ氏は「我々は日ごろから“Only MINI can do”“MINIしかできない”というフレーズを使っていますが、日本のプレミアムコンパクトのセグメントに初めてクリーンディーゼルを導入することになりました。このプレミアムコンパクトではMINIだけになります。我々はこのディーゼル導入に非常に自信を持っていて、例えばBMWでは、1シリーズにおいては販売の8割以上がディーゼルモデルです。MINIも8割まで高まるとは思いませんが、このディーゼルはトルクが高くて燃費も良好な非常によいエンジンです。とくに大都市で運転してもらうと、アクセルを踏んだ瞬間にクルマが加速して、お客さまに“やはりこれはMINIですね”と感じてもらえます。この新型のMINI クロスオーバーとMINI ペースマン、さらに3代目のMINIで今年の販売台数は順調にいくと思います」と語り、新しくクリーンディーゼルエンジンを採用した2台のMINIモデルに対する自信を表現した。

 このほかにロカ氏は「今年の販売台数については、みなさんもご存じのとおり、4月から消費税が上がったこともあります。1-3月は数字的には上々でしたが、昨年と比べれば少し低い数値でした。3月末に新型MINIが発売されて受注残がある状態で、第3クォーター以降は順調に推移する予定です」と、2014年の販売見通しについてコメントしている。

MINI クーパー SD クロスオーバーのインパネ。中央に設置された大型のスピードメーターは、文字盤がホワイトからアンスラサイトに変更
ペダルやフットレストに楕円形のモチーフを使用
MINI クロスオーバーのリアシートはMINIシリーズ唯一となる3人掛け。フロントシートと合わせて5人が定員となる
リアシートの背もたれは40:20:40の3分割。座面は60:40に分割して前後に130mmスライドする
ラゲッジルームには「フラット・ロード・フロア」を設定。上下で荷物を積み分けることができ、シートバックを前に倒したときにフラットなスペースとなる
ラゲッジルームの容量は最大1170L
発表会の会場では実車は展示されなかったが、MINI ペースマンもクリーンディーゼルエンジンのラインアップ追加など内容を変更。写真は海外仕様のMINI ジョン・クーパー・ワークス ペースマン
MINI ペースマンのインパネ中央には大型液晶画面を持つ「MINI CONNECTED」を設置(写真は海外仕様のMINI ジョン・クーパー・ワークス ペースマン)

(編集部:佐久間 秀)