ニュース

マツダ、新型コンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」を11月18日〜30日開催のLAショーで世界初公開

「SKYACTIV技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」全面採用

2014年10月28日発表

「マツダ CX-3」スケッチ

 マツダは10月28日、新型コンパクトクロスオーバーSUVの車名を「CX-3」とするほか、11月18日〜30日に米国ロサンゼルスで開催(18日〜20日プレスデー、21日〜30日一般公開)される「ロサンゼルスオートショー」で世界初公開すると発表した。マツダのプレスカンファレンスは、19日10時30分〜10時55分(現地時間)を予定している。

 このCX-3はマツダの新世代技術「SKYACTIV技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用した第5弾モデルとなる。

 ロサンゼルスオートショーでは、CX-3以外に新型Mazda MX-5を参考出品するほか、Mazda 6改良モデルと Mazda CX-5改良モデルを世界初公開する。

(編集部:谷川 潔)