ニュース

トヨタ、2人乗り「TOYOTA i-ROAD」の実証実験を東京都渋谷区で実施

通勤、買い物、子供の送迎といったシーンでモビリティとしての利用価値を検証

2015年11月21日〜実施

2人乗り「TOYOTA i-ROAD」
2人乗りi-ROADを約1カ月間貸し出し、通勤、買い物、子供の送迎といったシーンでモビリティとしての利用価値を検証する

 トヨタ自動車は、2人乗り「TOYOTA i-ROAD」の実証実験を11月21日から東京都渋谷区で実施する。

 今回の実証実験は、一般の生活者や外部の企業と共同で取り組む施策「OPEN ROAD PROJECT」の一環として行われるもので、4台の2人乗りi-ROADを用意した。

 2人乗りi-ROADは超小型モビリティ認定制度の適用要件に即し、1人乗りi-ROADにリフレクター・車幅灯等の見直しや、車両接近通報装置の装備といった一部改良を加えることで2人乗りでの利用を可能にしたモデルとなっている。

 この2人乗りi-ROADを使い、子育て世帯など2人乗り利用が想定される人に約1カ月間貸し出し、通勤、買い物、子供の送迎といった日常生活のさまざまなシーンで利用してもらい、使い勝手をはじめ新しいモビリティとしての利用価値を検証する。利用対象者は2人乗り利用が想定される渋谷区在住者および渋谷区職員の人。

(編集部:小林 隆)