2016ジュネーブショー

スバル、次期インプレッサの第3弾モデル「SUBARU XV CONCEPT」をワールドプレミア

新中期経営ビジョン「際立とう 2020」における次世代モデルの第1弾・次期インプレッサベースのSUV

2016年3月1日〜13日(現地時間)

スイス ジュネーブ

GENEVA PALEXPO

富士重工業株式会社 取締役専務執行役員 日月丈志氏(右)と新型コンセプトカー「SUBARU XV CONCEPT」

 スバル(富士重工業)は、ジュネーブショーで新型のコンセプトカー「SUBARU XV CONCEPT」を世界初公開した。

 SUBARU XV CONCEPTは、2015年の東京モーターショーで公開した「インプレッサ 5-DOOR コンセプト」、ロサンゼルスショーの「インプレッサ セダン コンセプト」に続く次期インプレッサを示唆する第3弾のモデル。今年中にも市販モデルが発売される予定の、4代目インプレッサの派生モデルを前提としたコンセプトカーになる。

プレスカンファレンスでワールドプレミアされたSUBARU XV CONCEPT

「XV」は発売するや否やグローバルで人気のモデルとなり、現行インプレッサシリーズの約半数がXVというほど人気を集めている。そんなモデルなので、次期インプレッサでも当然ラインアップすることが予想されている。

 SUBARU XV CONCEPTは、5-DOOR コンセプトやセダン コンセプトと同様のデザインコンセプトになるので、パワートレーンなどの詳細は明かされていない。エクステリアは、スバルのデザインテーマである「ダイナミック&ソリッド」をベースにデザインされていて、どちらかというとダイナミックさに振ったのが特徴だという。

プレスカンファレンスのスピーチは、日月丈志 取締役専務執行役員が行なった。日月氏は水平対向エンジンの歴史に触れ、「今年で水平対向エンジンは50周年を迎えます。これまでに水平対向エンジンは1600万台、AWDモデルは1500万台を市場へ送り込んできました。これからも水平対向エンジンとAWDはスバルの根幹になるので、より技術を磨いていきます」とのことだった

 フロントまわりは、ワイド&ローのスタンスによりスバル車ならではのスポーティな印象を与えている。デザインのキーアイテムとなっているヘキサゴングリルやホークアイヘッドライトは踏襲しているが、フロントフェイスに占める面積は、5-DOOR コンセプトやセダン コンセプトと変えている。どのモデルも同じ顔にするべきではないというデザイナーの意見により、同じインプレッサながら3つの派生モデルで異なるフロントフェイスに仕上げている。

 サイドのキャラクターラインやフェンダーアーチは5-DOOR コンセプトと同様。ただ、フロントバンパー、ホイールアーチ、サイドシル、リアバンパーへと連続して設けられたマットブラックのクラッディングについてはXV コンセプトのオリジナルになる。リアまわりに関しても、専用のディフューザーやエアダクトを設けて力強さを与えている。

 ボディカラーは、氷河を想起させるブルーグレーを基調にしたグレイシャーカーキ・シリカを採用。前後バンパーやアルミホイール、ルーフレールにはオレンジの差し色が用いられていて、外装のグレイシャーカーキ・シリカに華やかさを加えている。現行モデルのXVは、オレンジやカーキなどの独創的なカラーリングで人気を得ていたこともあり、引き続きオレンジのカラーリングを採用したという。

 次期インプレッサは、スバルが今後展開していくグローバルプラットフォームを採用した最初のモデルとなる。3モデルのコンセプトカーを見ても分かるように、よりアグレッシブなデザインを取り入れつつ、ハンドリング性能もさらに引き上げて、より魅力的なモデルとして市場へ導入されるはずだ。

SUBARU XV CONCEPTのボディサイズは4520×1920×1570mm(全長×全幅×全高)で、ホイールベースは2670mm。全幅はコンセプトカーなので若干ワイドだが、全長と全高については市販モデルから遠くない数値と予想される。装着しているタイヤサイズは245/50 R19なので、こちらもコンセプトカーならではのサイズだろう

真鍋裕行

1980年生まれ。大学在学中から自動車雑誌の編集に携わり、その後チューニングやカスタマイズ誌の編集者になる。2008年にフリーランスのライター・エディターとして独立。現在は、編集者時代に培ったアフターマーケットの情報から各国のモーターショーで得た最新事情まで、幅広くリポートしている。また、雑誌、Webサイトのプロデュースにも力を入れていて、誌面を通してクルマの「走る」「触れる」「イジる」楽しさをユーザーの側面から分かりやすく提供中。AJAJ・日本自動車ジャーナリスト協会会員。