ニュース

メルセデス・ベンツ、新型「Eクラス」にクーペ/カブリオレを追加

699万円の「E250 カブリオレ」を新設定

Eクラスにクーペ/カブリオレのボディータイプを追加
2013年8月5日発売

クーペ:669万円〜1145万円

カブリオレ:699万円〜923万円

同じE250のクーペとカブリオレ

 メルセデス・ベンツ日本は8月5日、5月に発売した新型「Eクラス」に、これまでのセダン/ステーションワゴンに加えてクーペ/カブリオレを追加した。価格はクーペが669万円〜1145万円、カブリオレが699万円〜923万円。

モデル エンジン ステアリング位置 価格 エコカー減税
E250 クーペ 直列4気筒DOHC 2.0リッター直噴ターボ 6,690,000円 50%軽減
E350 クーペ V型6気筒DOHC 3.5リッター直噴 左/右 8,750,000円 -
E550 クーペ V型8気筒DOHC 4.7リッター直噴ツインターボ 11,450,000円 -
E250 カブリオレ 直列4気筒DOHC 2.0リッター直噴ターボ 6,990,000円 50%軽減
E350 カブリオレ V型6気筒DOHC 3.5リッター直噴 9,230,000円 -
E550 クーペ

 セダン/ステーションワゴンと同様に2000カ所以上の変更を行い「劇的な進化を遂げた」という新型Eクラスのクーペ/カブリオレは、外観デザインでは新世代のメルセデス・デザインで構成されたセダン/ステーションワゴンの基本スタイルを受け継ぎつつ、フロントグリルをシングルルーバータイプに変更し、内部の2灯式を強調するヘッドライト形状、大型エアインテークを備えるフロントバンパーなどによって差別化を実施。また、LEDハイパフォーマンスヘッドライトは全車標準装備となる。

 装備面ではセダン/ステーションワゴンのE250でパッケージオプションとなるレーダーセーフティパッケージを全車標準装備。さらにリアバンパーに設置された「マルチモードミリ波レーダー」で後続車の状況をモニターし、危険を検知した場合はリアコンビネーションランプを点滅させて後続車のドライバーに危険を警告。停車時はブレーキ圧を高めて自車をロックし、2次被害を軽減する「リアCPA(被害軽減ブレーキ付後方衝突警告システム)」を新しく追加している。

E350 クーペ
E250 クーペ

 また、カブリオレでは遮音性の高い「アコースティックソフトトップ」を装備し、クローズ状態での静粛性を向上。E350ではフロントウインドー上部のウインドディフレクターとドラフトストップで構成する「エアキャップ」を展開することで、車両前方からの空気を上方に跳ね上げ、後方からの風の巻き込みを低減し、快適なオープンエアドライブを実現する。ウインドディフレクターには新たに15km/h以下になると自動格納する機能を与え、シティユースでの優雅さを高めている。カブリオレの大きな外観的特徴となるソフトトップは、ブラック、レッド、ブラック、ブラウンの4色を設定。

 このほか、新グレードとなる「E250 カブリオレ」を設定し、右ハンドルで699万円という価格設定によってこれまで以上に幅広いユーザー獲得を目指している。さらに、総合保証プログラムの「メルセデス・ケア」に「新車6カ月点検」を追加。有償の保証延長プログラムも適用範囲を拡大するなど、サポート体制を強化している。

E250 カブリオレ
E350 カブリオレ

(編集部:佐久間 秀)