ニュース

ケンウッド、彩速ナビエントリーモデル「MDV-L401」「MDV-L301」

準天頂衛星「みちびき」に対応するほか、フリックやドラッグでの操作が可能

MDV-L401
2014年3月中旬発売

オープンプライス

 JVCケンウッドは、彩速ナビの新製品「MDV-L401」「MDV-L301」を3月中旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格はMDV-L401が7万350円前後、MDV-L301が6万5100円前後。

品名 型番 店頭予想価格 発売時期
ワンセグチューナー内蔵DVD/USB/SD AVナビゲーションシステム MDV-L401 7万350円前後 3月中旬
ワンセグチューナー内蔵CD/USB/SD/ AVナビゲーションシステム MDV-L301 6万5100円前後
MDV-L301

 いずれも7V型の高精細WVGA液晶パネルとホワイトLEDバックライト搭載モニターを採用し、スマートフォンのようにフリックやドラッグで地図やリスト表示のスクロールなどができるといった基本性能は共通だが、MDV-L401はDVDの再生が可能なのに加え、別売りのSDカードにCDを最大4倍速で録音することができる(MDV-L301は最大2倍速)。

 カーナビ機能では準天頂衛星「みちびき」に対応し、これまで電波を受信しにくかったビル街などでも現在地の測位をしやすくするとともに、付属のケーブルを使ってiPhoneと接続(iPhone 5s/5c/5以外は別売りのケーブルが必要)し、地図画面のリモート操作や目的地の設定に加え、連携するアプリケーションやWebサイトの持つ地点情報などの目的地設定ができるiOS用アプリケーション「NaviCon」にも対応。

 AV機能ではワンセグチューナーを搭載するほか、iPhone/iPodで撮影した動画の再生や、ストックした写真をスライドショーとしてカーナビ画面で楽しめる「エクスターナルモード」を搭載するとともに、iPhone/iPodのコントロールをカーナビ側で行える操作モードも有する。MDV-L401ではDVD-VIDEOをはじめDVD-R/RWのVRモード、著作権保護技術「CPRM」対応のDVDディスクも再生が可能になっている。

 USBデバイスやSDカードに収録したAVファイルの再生も可能で、対応フォーマットは音楽がMP3/WMA/AAC/FLAC/WAV、映像がMPEG4 Video/H.264 MPEG4-AVC/WMV。

 本体サイズはともに180×182×100mm(幅×奥行き×高さ)で、重量はMDV-L401が2520g、MDV-L301が2435g。

(編集部:小林 隆)