ニュース

スズキ、軽トラック「キャリイ」に新トランスミッション「オートギヤシフト(AGS)」搭載モデル

ギヤチェンジ操作を自動制御。燃費は2WD車が19.4km/L、4WD車が19.2km/L

軽トラック「キャリイ」の新トランスミッション「オートギヤシフト(AGS)」搭載モデル
2014年8月26日発売

92万6640円〜107万5680円

 スズキは8月26日、軽トラック「キャリイ」に新トランスミッション「オートギヤシフト(AGS)」搭載モデルを追加して発売した。価格は92万6640円〜107万5680円。同トランスミッション搭載車はAT限定免許でも運転が可能になっている。

 今回のモデルラインアップ追加に合わせ、「KC エアコン・パワステ農繁」に銀と紺、「KX」に紺のボディーカラーを追加している。

モデル エンジン 変速機 駆動方式 価格
キャリイKC エアコン・パワステセットオプション装着車 直列3気筒DOHC 0.66リッター 5AGS
(5速AMT)
2WD(FR) 926,640円
4WD 1,075,680円
軽自動車で初搭載となるAGSは、5速MTをベースにクラッチとシフト操作を自動で行う電動油圧式アクチュエーターを採用したAMT(オートメーテッド マニュアル トランスミッション)となる

 AGSは、5速MTをベースにクラッチとシフト操作を自動で行う電動油圧式アクチュエーターを採用したAMT(オートメーテッド マニュアル トランスミッション)で、軽自動車では初搭載となる。

 一般的なオートマチックトランスミッションと同様にクリープ機能を備え、シフトチェンジのタイミングを最適化することで変速ショックの少ない滑らかなシフトフィーリングを実現するとともに、AGSは5速MTベースであることから3速AT車と比べ高速走行時のエンジン回転数を低く抑えることができ、その分静粛性に優れるとしている。

 また、自動変速モードとマニュアルモードを備え、状況に応じて走行モードの選択が可能なほか、上り坂での発進時において、ドライバーがブレーキペダルからアクセルペダルに踏み換えるまでクルマが後退しないよう制動状態をキープ(最大2秒間)する「ヒルホールドコントロール」を標準装備している。

 JC08モード燃費は2WD車が19.4km/L、4WD車が19.2km/Lとし、それぞれ5速MT搭載車と比べ0.8km/L、3速ATと比べ2.6km/L優れた数値になっている。

AGS搭載車では自動変速モードとマニュアルモードを備え、状況に応じて走行モードの選択が可能。メーターには選択中のギヤが表示される

(編集部:小林 隆)