ニュース

マツダ、新型「ロードスター」が「2015〜2016日本自動車殿堂カーオブザイヤー」受賞

マツダ車としては「RX-8」に続いて3回目の受賞

2015年11月27日発表

 マツダは11月27日、新型「ロードスター」と同車開発グループが「日本自動車殿堂」の「2015〜2016日本自動車殿堂カーオブザイヤー」を受賞したと発表した。マツダ車の同賞受賞は2003年〜2004年の「RX-8」に続いて3回目。

 受賞理由としては「洗練されたオープンスポーツカーデザイン」「軽量高剛性ボディーによる卓越した走行性能と低燃費」「進化した「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」の3点が挙げられている。

 マツダ 代表取締役社長兼CEOの小飼雅道氏は、「この度新型『ロードスター』がこのような名誉ある賞を受賞することができ、我々が目指すクルマづくりが皆さまに認めていただけたことを嬉しく思います。マツダは今後もお客さまの人生を輝かせることのできるクルマづくりを追求し、お客さまに選ばれ続けるオンリーワンのブランドになることを目指していきます」とコメントしている。

(編集部:佐久間 秀)