伊東氏は近助タクシーがこれからも続くために住民への周知をいま以上に進める必要があると語る

伊東氏は近助タクシーがこれからも続くために住民への周知をいま以上に進める必要があると語る