【最新ニュース】
日産、スーパーチャージャーを搭載し、JC08燃費25.2km/Lの新型「ノート」
世界初公開の新型グローバルコンパクトカー

2012年7月16日発表



 日産自動車は7月16日、新型グローバルコンパクトカーを世界初公開した。このグローバルコンパクトカーは、日本では新型「ノート」として9月に発売される。

新型「ノート」
インテリア

 新型グローバルコンパクトカーでは、広く快適な室内空間の実現、先進的なエンジンと軽量プラットフォーム、空力に優れたボディーを組み合わせることでクラストップレベルの低燃費・低排出ガスを実現するとしており、コンパクトカーしては初めてアラウンドビューモニターを搭載する。

 9月に発売する「ノート」では、新開発のスーパーチャージャー付き直列3気筒 DOHC 1.2リッター直噴の「HR12DDR」エンジンと、直列3気筒 DOHC 1.2リッターの「HR12DE」エンジンをラインアップ。トランスミッションは全車副変速機付きのCVT「エクストロニックCVT」を搭載し、HR12DDRエンジン搭載車では、JC08モード燃費25.2km/Lを実現している。

 HR12DDR搭載車ではエコカー減税(環境対応車普及促進税制)により自動車取得税および自動車重量税が免税となり、HR12DEを搭載した2WD車では自動車取得税および自動車重量税が75%減税される。また、日本市場においては、上級グレード「MEDALIST(メダリスト)」が設定される。

 なお日産自動車のUstreamチャンネル「NISSAN NEWSROOM」(http://www.ustream.tv/channel/nissan-newsroom/)で、19時30分から新型車発表会の模様をライブ中継している。

【お詫びと訂正】記事初出時、HR12DDRエンジンおよびHR12DEエンジンを直列4気筒と記載しておりましたが、正しくは直列3気筒になります。お詫びして訂正させていただきます。


(編集部:谷川 潔)
2012年 7月 16日