ニュース

トヨタ、フルモデルチェンジした新型「クラウン ロイヤル」「クラウン アスリート」

FRセダン用2.5リッターハイブリッドシステムを新開発しJC08燃費23.2km/L

クラウン ロイヤル
2012年12月25日発売

353万円〜575万円

 トヨタ自動車は12月25日、「クラウン ロイヤル」「クラウン アスリート」をフルモデルチェンジし発売した。従来ハイブリッドは独立したシリーズとなっていたが、ロイヤル、アスリートそれぞれに新開発のFRセダン用2.5リッターハイブリッドシステム搭載車が用意された。価格は353万円〜575万円。

クラウン ロイヤル

ロイヤル
インテリア
グレード エンジン 変速機 駆動方式 価格
ロイヤル V型6気筒
DOHC 2.5リッター
6速AT 2WD(FR) 3,530,000円
ロイヤルサルーン 4,090,000円
ロイヤルサルーンG 4,820,000円
ロイヤル i-Four 4WD 3,800,000円
ロイヤルサルーン i-Four 4,360,000円
ロイヤルサルーンG i-Four 5,050,000円
ロイヤル 直列4気筒
DOHC 2.5リッター
+モーター
電気式無段変速機(THS II) 2WD(FR) 4,100,000円
ロイヤルサルーン 4,690,000円
ロイヤルサルーンG 5,360,000円

クラウン アスリート

アスリート
インテリア
グレード エンジン 変速機 駆動方式 価格
アスリート V型6気筒
DOHC 2.5リッター
6速AT 2WD(FR) 3,570,000円
アスリートS 4,130,000円
アスリートG 4,900,000円
アスリート i-Four 4WD 3,800,000円
アスリートS i-Four 4,360,000円
アスリートG i-Four 5,130,000円
アスリートS V型6気筒
DOHC 3.5リッター
8速AT 2WD(FR) 4,970,000円
アスリートG 5,750,000円
アスリート 直列4気筒
DOHC 2.5リッター
+モーター
電気式無段変速機(THS II) 4,100,000円
アスリートS 4,690,000円
アスリートG 5,430,000円

 新型クラウンは14代目のクラウンとなり、原点に立ち返って開発したクルマだと言う。デザインの革新、パワートレインの革新を行い、クラウンそのものの革新を目指している。

 ロイヤルでは「ダイナミックに格調高く記憶に残る」外観を与え、アスリートは歴代クラウンの中で、もっとも専用の意匠が多く走りのよさを表現していると言う。

 具体的には、ロイヤルでは全高を従来より10mm、アスリートでは20mm下げ水平への躍動感や、走りのよさを追求。フロント部はそれぞれ専用デザインにより、ダイナミックなフロントグリルが表現されている。ボディーサイズは、4895×1800×1460[アスリート:1450]mm(全長×全幅×全高で、全長は先代より25mm長く、全幅は5mm広くなっている。

 ボディーカラーは、ロイヤル、アスリートそれぞれ6色を設定。両シリーズに設定されるプレシャスシルバーは金属のような光沢と華やかさを、アスリートに専用設定されるプレシャスブラックパールは艶やかさと深みのある漆黒感を、顔料のアルミ片の並び方を整える新技術などを投入して表現している。

ハイブリッドを統合

パワートレイン 直列4気筒
DOHC 2.5リッター
+電気式無段変速機
V型6気筒
DOHC 3.5リッター
+8速AT
V型6気筒
DOHC 2.5リッター
6速AT
エンジン形式 2AR-FSE 2GR-FSE 4GR-FSE
最高出力
[kW(PS)/rpm]
131(178)/6000 232(315)/6400 149(203)/6400
最大トルク
[Nm(kgm)/rpm]
221(22.5)4200-4800 377(38.4)4800 243(24.8)/4800
モーター形式 1KM
最高出力
[kW(PS)]
105(143)
最大トルク
[Nm(kgm)]
300(30.6)
システム出力
[kW(PS)]
162(220)
JC08モード燃費(km/L) 23.2 9.6 11.4(2WD)/10.2(4WD)
ハイブリッドシステム

 これまでは独立した車種となっていたハイブリッドをロイヤル、アスリートに統合。ハイブリッドシステムは新開発の2.5リッターハイブリッドシステムで、システム出力162kW(220PS)を発生しながらJC08モード燃費は23.2km/L。従来のV6 3.0リッター車を上回る加速性能を持つと言う。また、V6 3.5リッター車は、トヨタの3.5リッターとしては初めて8速ATを組み合わせている。

 新型クラウンでは全車に走行制御モードを設定。トヨタマルチオペレーションタッチのスイッチ操作で「スポーツモード」「ノーマルモード」「エコモード」「スノーモード」「EVドライブモード(ハイブリッドのみ)」が用意されている。

走行支援やEVモード関連の表示

多数の先進安全装備を搭載

 新型クラウンでは、多数の先進安全技術を搭載可能としているのも特徴となる。ミリ波レーダーを使用した「プリクラッシュセーフティシステム(PCS)」、駐車場などでの踏み間違い・踏みすぎ事故を抑制する「インテリジェントクリアランスソナー(ICS)」、ブレーキ制御も行う「レーダークルーズコントロール」などがセットになった、アドバンストパッケージをオプションとして用意。、急発進の抑制や衝突時の被害軽減に寄与する「ドライブスタートコントロール」を全車標準装備とするほか、ハイブリッド車には、歩行者との衝突時に、フード後方を瞬時に持ち上げ、歩行者頭部への衝撃を緩和する「ポップアップフード」を設定する。

 これら数多くの先進安全装備は、「2012 トヨタ安全技術説明会」ですでに公開されており、その動きなどについては関連記事を参照していただきたい。なお、新型クラウンは、発表会が開催されており、発表会の模様は追ってお届けする。

(編集部:谷川 潔)