ニュース

NEXCO中日本、中央道 笹子トンネル(上り)の開通見通しが2月8日と発表

これに伴い下り線の一方向化工事を実施、2月7日13時〜8日16時に通行止め

笹子トンネル上り線入口(甲府側)
2013年2月1日発表

笹子トンネル(上り)の開通は2月8日になる見通し

 NEXCO中日本(中日本高速道路)は2月1日、中央自動車道 笹子トンネル(上り)の開通が2月8日になるとの見通しを発表した。天候等の関係で変更の可能性があるため、具体的な開通日時は改めてアナウンスするとしている。

 笹子トンネルは、2012年12月2日8時5分に上り線で天井板の崩落事故が発生。12月29日より下り線のトンネルを用いた片側1車線の対面通行を行っていた。1月9日の発表では、通常どおりの上下線各2車線通行にする時期を2月下旬目標としていたが、早まる見通し。

 なお、現在対面通行により開通している勝沼IC(インターチェンジ)〜大月JCT(ジャンクション)間を一方向2車線通行にする工事を行うため、2月7日13時〜8日16時に通行止めを実施する。区間は上り線が一宮御坂IC〜大月JCT間、下り線が勝沼IC〜大月JCT間。

(編集部:小林 隆)