ニュース

スバル、次期「インプレッサ WRX」をイメージした「WRX コンセプト」

ニューヨークショーで公開。ワイド&ローを強調した4ドアスタイル

次期「インプレッサ WRX」をイメージして作られたデザインコンセプトカー「スバル WRX コンセプト」
2013年3月29日(現地時間)発表

 スバル(富士重工業)は3月29日(現地時間)、ニューヨーク国際自動車ショー(プレスデー:3月27日、28日、一般公開:3月29日〜4月7日)において、「スバル WRX コンセプト」をワールドプレミアした。

 WRX コンセプトは次期インプレッサ WRXをイメージして作られたデザインコンセプトカー。

 ボディーサイズは4520×1890×1390mm(全長×全幅×全高)、ホイールベースは2760mm。現行のWRX STI(CBA-GVB/GVF)が4580×1795×1470mm(同)、ホイールベース2625mmなので、60mm短く、95mm広く、80mm低くなり、ワイド&ローを強調したスタイルに仕上がっている。

 フロントまわりでは、立体感のあるメッシュパターンを採用したヘキサゴングリルとともに、他のスバル車に共通するモチーフを用いたヘッドライトを採用。リリースではパワートレーンについて言及していないが、フロントバンパーの大きな開口部、エンジンフードスクープ、フェンダーダクトが備わることから、ターボエンジンの搭載が予想される。

 ボディーカラーは「WRブルー・パールIII」で、フロントのWRXバッヂ、ブレーキキャリパー、エキゾーストフィニッシャーはアクセントとして蛍光イエローを採用。ルーフは100台限定の「S206 NBR CHALLENGE PACKAGE」と同様にカーボン製とし、軽量化と低重心化を図った。

 ホイールはBBS製超超ジュラルミン鍛造1ピースホイール「RI-D」を採用。タイヤは専用設計となるダンロップ製(245/40 ZR20)を装着する。WRX コンセプトのサイドビューは、このRI-Dを中心とした造形手法を採用しており、キャビンの位置に対してリアのホイールを外側に押し出すような造形とした。これにより、「走りにこだわった新しいスバルのAWDパフォーマンスカーを表現した」としている。

(編集部:小林 隆)