ニュース

圏央道、相模原愛川IC〜高尾山IC間が6月28日に開通

東名高速、中央道、関越道が南北にネットワークを形成

東名高速と中央道の間にある、圏央道の延長14.8kmの区間が開通
2014年6月28日開通

 NEXCO中日本(中日本高速道路)は、圏央道(首都圏中央連絡自動車道)の相模原愛川IC(インターチェンジ)〜高尾山IC間を6月28日に開通すると発表した。

 圏央道は、外環道、首都高 中央環状道路とあわせて首都圏3環状として整備が進められている道路。3環状の一番外側に位置し、都心から半径40km〜60kmの個所を接続する総延長約300kmの自動車専用道路で、現時点で約170kmが開通している。

 相模原愛川IC〜高尾山IC間の14.8kmが開通することで、東名高速の海老名JCT(ジャンクション)から中央道の八王子JCTを経由し、関越道の鶴ヶ島JCTまでが1本の道路で連結され、首都圏から放射状に各地に伸びる3本の自動車専用道路が圏央道によって相互ネットワークを構築することになる。また、圏央道自体は鶴ヶ島JCTよりさらに北側の桶川北本ICまでが開通済みとなっている。

東名高速 海老名JCTから関越道 鶴ヶ島JCTまでが1本の道で連結され、都心部の通過交通量が抑制されてスムーズな交通が実現。3本の自動車専用道路による分散利用が可能となる
高尾山ICや相模原愛川ICなどの整備状況
開通区間におけるIC間の通行料金
主要IC間の通行料金

(編集部:佐久間 秀)