ニュース

ホンダ、「デリーオートエキスポ 2016」で新型「BR-V」をインド初公開

Honda Project 2&4 powered by RC213Vの2名乗車仕様をワールドプレミア

2016年2月3日(現地時間)発表

新型クロスオーバーユーティリティビークル「BR-V」

 本田技研工業のインドにおける四輪車生産販売会社であるホンダカーズインディア・リミテッドは2月3日(現地時間)、「第13回デリーオートエキスポ 2016」(プレスデー:2月3日、一般公開日:2月5日〜9日)において、新型クロスオーバーユーティリティビークル「BR-V(ビーアールブイ)」をインドで初公開した。

 アジア市場をメインターゲットとして開発されたBR-Vは、SUVらしい外観とハンドリングとともに、家族などの7人が乗れる広々とした室内空間と多彩なユーティリティを兼ね備えたモデル。1.5リッターi-VTECエンジンに6速MTやCVTを組み合わせ、スポーティな走行性能と優れた燃費性能を両立させている。新型BR-Vはインドで今年中に発売され、2015年12月のインドネシア、2016年1月のタイに続いて3番目の販売国となる。

 プレスカンファレンスで、ホンダの代表取締役社長 社長執行役員 八郷隆弘氏は「インド市場は急速に伸長しており、ホンダの世界販売においても4番目の規模を占める重要なマーケットです。今後もお客様の期待を上回るホンダらしい商品を投入していくことで、この重要な市場での成長をさらに加速してまいります。BR-Vの投入はインド市場へのさらなるコミットメントの証です」とコメントしている。

 また、会場では2015年のフランクフルトモーターショーで世界初公開された、1名乗車仕様のコンセプトモデル「Honda Project 2&4 powered by RC213V(ホンダプロジェクト2&4パワードバイRC213V)」の2名乗車仕様をワールドプレミア。

Honda Project 2&4 powered by RC213Vの2名乗車仕様

 さらに2輪では、インドの若者向けに開発したという斬新なスタイリングの「NAVI」をはじめ、1000ccのアドベンチャーモデル「CRF1000L Africa Twin」や、2016年モデルの「CB Unicorn(ユニコーン)160」「Dream Neo」「CD 110 Dream Deluxe」「Dio」といった新型車を発表している。

インドの若者向けに開発したという「NAVI」

(編集部:小林 隆)