ニュース

メルセデス・ベンツ、「Sクラス」にクリーンディーゼルハイブリッド「S 300 h」を導入

Cクラスにクリーンディーゼルとプラグインハイブリッド導入を予告

2015年8月27日発売

998万〜1340万円

クリーンディーゼルハイブリッド「S 300 h」

 メルセデス・ベンツ日本は8月27日、メルセデス・ベンツ「S クラス」のラインアップにクリーンディーゼルハイブリッドモデルの「S 300 h」を追加して発売した。価格は998万〜1340万円

モデル エンジン 変速機 駆動方式 ステアリング 価格
S 300 h 直列4気筒2.2リッター直噴ディーゼルターボ +ハイブリッド 7速AT 2WD(FR) 9,980,000円
S 300 h エクスクルーシブ 12,700,000円
S 300 h ロング 13,400,000円

「S 300 h」のパワートレーンには、最高出力204PS/150kW、最大トルク500Nmを発生する直列4気筒2.2リッターディーゼルターボエンジンに、最高出力27PS/20kW、最大トルク250Nmを発生する電気モーターを組み合わせ、最新のV型8気筒エンジンと同等のトルクを実現。

 ラインアップは、「S 300 h」「S 300 h エクスクルーシブ」、ロングホイールベースの「S 300 h ロング」という3つのモデルを用意。JC08モード燃費は、S 300 h とS 300 hエクスクルーシブは20.7km/L、S 300 h ロングは19.5km/Lとなる。

鹿児島県の佐多岬から東京 六本木のメルセデス・ベンツ コネクションまで、無給油で走破する「ディーゼルハイブリッド1540kmチャレンジ」で平均燃費25.6km/Lを達成
メルセデス・ベンツ日本 代表取締役社長 上野金太郎氏

 同日「S 300 h」の発表会が開催され、メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長が出席。発表会の冒頭にTV-CMの制作に向けて、鹿児島県の佐多岬から東京六本木のメルセデス・ベンツ コネクションまで走破するチャレンジを実施したことが紹介され、同チャレンジでは21時間46分をかけて1541kmを走行し、平均速度は71km/hで、平均燃費は25.6km/Lを達成したことが明かされた。

 上野社長は「大型高級セダンとしては驚異的な燃費。さらに、ゴールに到着後、燃料タンクには15%の燃料があり、計算上は約270kmを走行可能な燃料がありました」と報告し、「コンパクトカー並みの燃費経済性能を持ち、Sクラスならではの動力性能、静粛性、快適性、すべてを兼ね備えたのがクリーンディーゼルハイブリッドのS 300 h」と紹介した。

 メルセデス・ベンツでは、2006年からクリーンディーゼルモデルを日本に導入して2015年で10年目となるが、上野社長は「ディーゼルの環境性能はラグジュアリーセグメントにこそ有効であると私たちは確信し、ヨーロッパで主流であったクリーンディーゼルをいち早く日本に導入しました」と、当時の狙いを話した。

「メルセデス・ベンツは、S 300 hを含めて現時点で8車種14モデルのクリーンディーゼルを用意しています。この日を迎えられたのは、ハイブリッド先進国の日本のお客様に、高効率なクリーンディーゼルハイブリッドを誰よりも早くお届けしたいとの思いを持ち続け、ドイツ本社とともに世界で最も厳しい日本の排出ガス規制を乗り越えるため、技術的な困難を乗り越えてきた結果」と話した。

直列4気筒クリーンディーゼルターボにモーターを組み合わせる「S 300 h」
「S 300 h」の導入に合わせて、他のハイブリッドモデルの名称変更が行われる
メルセデス・ベンツにおけるクリーンディーゼル導入の歴史と、Sクラスが選ばれる豊富なラインアップを紹介

 今回、「Sクラス」にクリーンディーゼルハイブリッドを導入したことについて、上野社長は「Sクラスの2014年における日本国内の販売台数は約6500台。大型高級セダンのセグメントで約半数のシェアを持ち、さらに輸入車の中では9割と圧倒的なシェアを占め、たいへん多くのお客様から支持を得ている。Sクラスが選ばれる理由として、多様なボディータイプとパワートレーンをそろえていることが挙げられる」と、その狙いを話した。

 Sクラスのパワートレーンのラインアップは、V型8気筒、V型12気筒のガソリンエンジン、V型6気筒ガソリンエンジンベースのハイブリッド、プラグインハイブリッドに加えて、新たに直列4気筒のクリーンディーゼルハイブリッドが揃った。上野社長は「このS 300 hを、戦略的な価格で3モデルに用意しました。これによりさらに多くのお客様の選択肢に入れていただくことを願う」と、締めくくった。

 さらに、発表後のトークショーの中で、上野社長は「今年はパワートレーンの展開における“エンジン革命”と歴史的な1年の位置づけで、Cクラスに4気筒のクリーンディーゼルとプラグインハイブリッドの導入を始めます」と今後のパワートレーンの展開について触れ、上野社長は「これからも引き続き、新しいパワートレーン搭載車を拡大していきたい」との意気込みを示した。

クリーンディーゼルハイブリッド「S 300 h」
クリーンディーゼルハイブリッド「S 300 h」
クリーンディーゼルハイブリッド「S 300 h」

S 300 h S 300 h エクスクルーシブ S 300 h ロング
乗車定員 5名
全長×全幅×全高 5,120×1,900×1,495mm 5,150×1,915×1,495mm 5,250×1,900×1,495mm
ホイールベース 3,035mm 3,165mm
トレッド(前/後) 1,625/1,635 1,630/1,645 1,625/1,635
車両重量 2,080kg 2,170kg 2,230kg
エンジン 直列4気筒DOHC 2.2リッター直噴ディーゼルターボ
エンジン最高出力 150kW(204PS)/3,800 rpm
エンジン最大トルク 500Nm(51.0kgm)/1,600-1,800 rpm
電動機形式/種類 EM0007/交流同期電動機
モーター出力 20kW(27PS)
モータートルク 250Nm(25.5kgm)
蓄電池種類 リチウムイオンバッテリー
トランスミッション 電子制御7速AT
JC08モード燃費 20.7km/L 19.5km/L
タイヤ 245/50 R18 245/45 R19 / 275/40 R19 245/50 R18

(編集部:椿山和雄)