ニュース

ホンダ、“歴代最高”の新型「シビック TYPE R」を限定750台で日本発売。受注期間は10月29日〜11月23日

310PS/400Nmを発生する直列4気筒2.0リッター直噴ガソリンターボエンジンを搭載

2015年9月30日発表

 本田技研工業は9月30日、新型「シビック TYPE R」を10月28日に発表するとアナウンスするとともに、同モデルの特設サイト(http://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/new/)を公開した。

 新型シビック TYPE Rは、「心昂ぶるブッチギリの走り」をコンセプトに、パワー・トルク・レスポンスを高次元でバランスしたという新開発の直列4気筒2.0リッター直噴ガソリンVTECターボエンジンを搭載。最高出力310PS、最大トルク400Nmを発生し、ニュルブルクリンク北コースで行われた走行テストではFF量産車で最速となる7分50秒63のラップタイムを記録。歴代最高のTYPE Rに仕上がっている。

 新型シビック TYPE Rは欧州各国で発売されるといわれていたが、日本にも750台限定で導入することが決定。商談の申し込みは特設サイトで2015年10月29日0時〜11月23日23時59分の期間限定で受け付けるが、限定台数を上まわる申し込みがあった場合は抽選になる。

 なお、10月29日〜11月8日(プレスデー:10月28日〜29日、プレビューデー:10月29日、一般公開日:10月30日〜11月8日)の期間に東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催される「第44回東京モーターショー2015」の会場などで現車を確認できる。詳細は特設サイトを参照いただきたい。

(編集部:小林 隆)