ニュース

三菱ふそう、“ナックルブームクレーン”を4基搭載する「スーパーグレートV スパイダー」などを東京モーターショー2015に出展

非常時に電源供給が可能な「Canter 電源供給車」や「スーパーグレートV 2016年モデル」など3台を展示

三菱ふそうトラック・バスの東京モーターショー2015出展車両とコンパニオン

 三菱ふそうトラック・バスは、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催される「第44回東京モーターショー2015」の出展概要を公開した。第44回東京モーターショー2015の開催期間は10月29日〜11月8日(プレスデー:10月28日〜29日、プレビューデー:10月29日、一般公開日:10月30日〜11月8日)。

 今回の東京モーターショーでは「Running ahead(for the drivers of our tomorrow)〜走り続ける、明日をドライブする人のために〜」をブーステーマに、参考出品車2台、市販予定車1台の計3台を出展する。

三菱ふそうトラック・バスの出展車両は3台
参考出品車の「キャンター」(手前)と市販予定車の「スーパーグレートV」(奥)

Canter 電源供給車(Power Supply Vehicle)

 キャンター エコ ハイブリッドをベースに、災害などの非常時に外部への電源供給を可能にしたモデルとなる「Canter 電源供給車」。

Canter 電源供給車

 キャンター エコ ハイブリッドは「Hybrid」「BlueTec」「DUONIC」と3つの最先端テクノロジーにより、省燃費と優れた環境性能を実現した小型トラック。エンジンは3.0リッターディーゼルの「4P10(T2)」で、「再生制御式DPF」と「排気後処理装置(尿素SCR)」を組み合わせたBlueTecテクノロジーを採用。ハイブリッドシステムはデュアルクラッチ式AMT「DUONIC」に40kWのモーターを内蔵し、7.5Ahのリチウムイオンバッテリーにより駆動する。重量車モード燃費値は12.80km/Lと、通常モデルより2.2km/L向上している。

Canter 電源供給車 主要諸元
全長 4845mm
全幅 1885mm
全高 2830mm
ホイールベース 2500mm
トレッド前/後 1390mm/1235mm
床面地上高 940mm
最低地上高 165mm
車両重量 2795kg
最大積載量 2000kg
乗車定員 3人
車両総重量 4960kg
最小回転半径 5.1m
燃料消費率 重量車モード燃費値 12.80km/L
エンジン型式 4P10(T2)型
最高出力 96kW(130PS)/3,050-3,500rpm
最大トルク 300Nm(30.6kgm)/1,300-3,050rpm
変速機 6速DUONIC
最終減速比 4.111
主ブレーキ ディスク(前後共)
補助ブレーキ エキゾーストブレーキ
タイヤサイズ 205/70 R16
燃料タンク容量 70L
外観上はノーマルのキャンター エコ ハイブリッドとほぼ同じ
フロントまわり
ボディーに給電をイメージしたグラフィックが描かれる。青は「COOL」をイメージしたカラー
タイヤはダンロップのエナセーブ。サイズは205/70 R16
左サイド中央にハイブリッド用のリチウムイオンバッテリーを搭載
給電用のリッドが収るボックス。取材時はリッドを開けることができなかったが、モーターショー会場では給電のデモを行うとのこと

Super Great V“Spider”(スーパーグレートV スパイダー)

スーパーグレートV スパイダー

 参考出品となる「スーパーグレートV スパイダー」は、多機能、パワフルなトラクターヘッド“スパイダー”。車両後方に「ナックルブームクレーン」を4基搭載しており、その名前のとおり蜘蛛を思わせる外観となっている。

ボディーカラーの赤は「HOT」をイメージ
オーストリアのパルフィンガー製ブームクレーンを4基搭載。蜘蛛のようなイメージを演出する
油圧アタッチメントは4種類。現場で違う仕事をする場合、ナックルブームクレーンが1基しかなければ脱着が必要だが、このクルマならそんな手間は不要
ナックルブームクレーンの操作部。電波式のリモコンも使うことができる
こちらはアウトリガーの操作部
タイヤはブリヂストンのエコピア M801。サイズは275/70 R22.5
フロントにはガードと作業灯を装着。スパルタンなイメージだ
三菱ふそう「スーパーグレートV スパイダー」のナックルブームクレーン操作デモ(1分33秒)

Super Great V 2016 model(スーパーグレートV 2016年モデル)

スーパーグレートV 2016年モデル

 2014年5月に発表された大型トラック「スーパーグレートV」の2016年モデル。新たにD-ER(Drive Economy roll)とオートクルーズEcoモード機能を搭載。ハイウェイ走行などでの実燃費をさらに向上させている。

スーパーグレートV 2016年モデル 主要諸元
全長 11990mm
全幅 2490mm
全高 3790mm
ホイールベース 7220mm
トレッド前/後 2050mm/1850mm
床面地上高 1320mm
最低地上高 200mm
車両重量
最大積載量
乗車定員 2人
車両総重量 24820kg
最小回転半径 10.0m
燃料消費率 重量車モード燃費値 4.25km/L
エンジン型式 6R10(T3)型
最高出力 279kW(380PS)/1800rpm
最大トルク 1810Nm(185kgm)/1200rpm
変速機 機械式A/T 前進12段 後退2段
最終減速比 2.277
主ブレーキ 空気式(前後共)リーディングトレーリング
補助ブレーキ Jake ブレーキ
タイヤサイズ 前 295/80R22.5 153/150J
タイヤサイズ 後 11R22.5−14PR
燃料タンク容量 300L
スーパーグレートV 2016年モデル
グリルに車名バッヂを装着。ただし、製品版とはデザインが異なるという
グレードは、運転席エアサスシートや温冷蔵庫、空気清浄器付フルオートエアコンなどを装備する最上級の「カスタム」
ドアにもスーパーグレートVのレタリングが入る
タイヤはブリヂストンのM800
リアにもレタリングが入る
三菱ふそう「スーパーグレートV 2016年モデル」「Canter 電源供給車」の走行シーン(1分5秒)

(安田 剛)