ニュース

MINI、3ドアモデルの新型「クーパーC」「クーパーS」 前後デザイン刷新や最新デジタルディスプレイなど投入

2024年2月7日(現地時間) 発表

第5世代となる新型MINI クーパーS

 BMW AGは2月7日(現地時間)、ガソリンエンジンを搭載するMINIの3ドアモデル新型「クーパーC」および新型「クーパーS」を発表した。

 第5世代となる新型MINIはシンプルさが象徴的なモデルで、外観はブランドの基本理念である「最小限のエコロジカル・フットプリント(環境影響)で最大のドライビングプレジャー」を体現するピュアなデザインとコンパクトなシルエットを採用。新しい八角形グリルが特徴的な顔をさらに際立たせるほか、エアインテーク間の水平ストラットにレーダーセンサーを配置。ドライバー支援システムをサポートし、安全性を高める超音波センサーは12個搭載する。LEDデイタイム・ランニング・ライトは横長になり、マトリクス・リア・ライトも新設計された。

新型MINI クーパーS

 クーパーSに搭載される4気筒エンジンは、最高出力150kW(204HP)を発生し、0-100km/h加速6.6秒、最大トルク300Nmを発揮。一方、クーパーCに搭載される3気筒エンジンは最高出力115kW(156HP)、最大トルク230Nmを発生し、0-100km/h加速は7.7秒をマーク。

 また、俊敏なハンドリングを実現するサスペンションとダンピングシステムを装備していて、MINIらしい正確なステアリングと強力なブレーキが組み合わされ、ドライビングの楽しさ、安全性、快適性を高次元で両立した。

ホイール
横長になったLEDデイタイム・ランニング・ライト
マトリクス・リア・ライト
フロントグリル中央のレーダーセンサー

 エレガントでミニマルな内装は、クラシックMINIにインスパイアされ、新しいステアリングホイール、丸型の有機ELディスプレイ、トグルバー、2トーンのテキスタイルダッシュボードを採用。明るい雰囲気をさらに高めてくれるパノラミックガラスルーフも設定し、ラゲッジスペースは210Lで、6:4分割可倒式リアシートを倒せば最大725Lまでフレキシブルに拡張できる。

インテリア
前席
後席

 パーキングブレーキ、ギアセレクター、スタート&ストップキー、エクスペリエンスモード切り替え、音量調整はトグルバーを採用。また、センターコンソールの下には、ワイヤレスで充電できるスマートフォンフォルダーを設定。

 ドライバーにより近くなった直径240mmの丸型有機ELディスプレイ「MINIインタラクションユニット」はスマホ感覚で操作可能。速度や燃費などの車両情報は画面上部に表示され、メインメニューでは、各機能がウィジェットとして横並びに配置され、スワイプやタッチで選択できる。画面下部は、ナビゲーション、メディア、電話、クライメートといったメニューをいつでも直接選択できるという。

運転席まわり
センターコンソールの操作ユニット

 オプションのエクスペリエンスモードでは、2つのプロジェクターユニットがダッシュボード上にさまざまなイルミネーショングラフィックを照射。ビジュアルデザイン、アンビエントライティング、サウンドデザインの相互作用によって、ダッシュボードのデザインを変化させる。

 また、各モードには独自のダイナミック背景が設定されていて、ドライバーの好みに応じて選択可能なほか、パーソナルモードでは、MINIのアプリを介して個人の写真をディスプレイの背景にも設定できる。

2つのプロジェクターユニットがダッシュボード上にさまざまなイルミネーショングラフィックを照射する

 ドライバー・アシスタンス・システムも数多く用意していて、標準装備の「セーフ・イグジット機能」は、駐車中の車両周辺をモニターして、ドアが開く前に接近してくる道路利用者がいることを警告しつつ、ドアロックの解除を遅らせて衝突の可能性を低減させてくれる。また、MINIインテリジェント・パーソナル・アシスタント(IPA)を搭載し、「Hey MINI」と話しかけるだけで、ナビゲーション、電話、エンターテイメント、その他の車両機能など、幅広いオプションを音声で操作できる。

 MINIの責任者であるシュテファニー・ヴルスト氏は、「MINIにおける『Power of Choice』とは、全電動モデルに加えて、ガソリンエンジン搭載した新しいモデルも提供することを意味します。クラシックなMINIの3ドアに乗りたい、伝統的なパフォーマンスと特徴的なエンジン音を楽しみたいというすべての人々に提供します」と語っている。

Aピラーのスピーカー
ドアハンドル
エアコン送風口