東京モーターショー2015

マツダブランドの魂を宿す、ロータリースポーツコンセプト「Mazda RX-VISION」

次世代ロータリーエンジン「SKYACTIV-R」

2015年10月30日〜11月8日一般公開

ロータリースポーツコンセプト「Mazda RX-VISION」のアンベールが始まった

 10月28日にプレスデーが始まった「第44回東京モーターショー2015」。一般公開は29日のプレビューデーからとなるが、今回のモーターショーの目玉となるであろうマツダのロータリーエンジン搭載スポーツコンセプトカーが、8時半から始まった最初のプレスカンファレンスで公開された。

 ロータリースポーツコンセプトの名前は「Mazda RX-VISION」。マツダ ロータリーエンジン搭載車伝統の“RX”が冠され、次世代ロータリーエンジン「SKYACTIV-R」を搭載するという。

 プレスカンファレンスの模様は追って詳報するが、ここではアンベール時の模様、およびマツダ提供による公式写真を掲載する。

東京モータショーで公開された「Mazda RX-VISION」
「Mazda RX-VISION」(マツダ提供)
「Mazda RX-VISION」(マツダ提供)

(編集部:谷川 潔)