ニュース

レクサス、新型スポーツクーペ「RC」「RC F」

477PSを発生する5.0リッターV8や燃費23.2km/Lのハイブリッドなど魅力多彩

新型「RC F」
2014年10月23日発売

RC350:596万円〜678万円

RC300h:565万円〜629万円

RC F:953万円〜1030万円

 レクサス(トヨタ自動車)は10月23日、新型スポーツクーペ「RC」「RC F」を発売した。パワートレーンごとにV型6気筒エンジンを搭載する「RC350」、直列4気筒エンジンとモーターを組み合わせる「RC300h」、V型8気筒エンジンを搭載する「RC F」の3種類があり、価格はRC350が596万円〜678万円、RC300hが565万円〜629万円、RC Fが953万円〜1030万円。

RC350

モデル エンジン 変速機 駆動方式 価格
RC350 “F SPORT” V型6気筒DOHC 3.5リッター 8速AT 2WD(FR) 6,780,000円
RC350 “version L” 6,600,000円
RC350 5,960,000円

RC300h

モデル エンジン 駆動方式 価格
RC300h “version L” 直列4気筒DOHC 2.5リッター+THS II(6速モード付き) 2WD(FR) 6,290,000円
RC300h “F SPORT” 6,270,000円
RC300h 5,650,000円

RC F

モデル エンジン 変速機 駆動方式 価格
RC F “Carbon Exterior package” V型8気筒DOHC 5.0リッター 8速AT 2WD(FR) 10,300,000円
RC F 9,530,000円
RC300h
RC350
RC F
RC350とRC300hのカラーバリエーション
RC Fのカラーバリエーション

 RCは2013年の東京モーターショーで世界初公開されたレクサスブランドのスポーツクーペ。2014年1月の北米国際自動車ショーで高性能モデルのRC Fがラインアップされることが発表され、市販モデルの発売に先立ち、2014年シーズンからレクサスチームのSUPER GT参戦車両のベースモデルとしてRC Fが使われている。

 レクサスブランドのエモーショナルな走りのイメージを牽引するクーペ専用モデルとなっており、独立したトランクを備える2ドアボディーは、RCが4695×1840×1395mm(全長×全幅×全高)でホイールベースは2730mm、RC Fが4705×1850×1390mm(全長×全幅×全高)でホイールベースは2730mm。車両重量はRC350が1690kg〜1700kg、RC300hが1740kg、RC Fが1780kg〜1790kgとなる。

 エンジンはRC350が最高出力234kW(318PS)/6400rpm、最大トルク380Nm(38.7kgm)/4800rpmを発生するV型6気筒DOHC 3.5リッターの「2GR-FSE」を搭載。ハイブリッドモデルとなるRC300hは最高出力131kW(178PS)/6000rpm、最大トルク221Nm(22.5kgm)/4200-4800rpmを発生する直列4気筒DOHC 2.5リッターの「2AR-FSE」エンジンと1KM型モーター(143PS/30.6kgm)を組み合わせて採用する。

RC350のパワートレーン透視図
318PS/38.7kgmを発生する2GR-FSE型エンジン
RC300hのパワートレーン透視図
178PS/22.5kgmを発生する2AR-FSE型エンジン
477PS/54.0kgmを発生する2UR-GSE型エンジン

 高性能モデルのRC Fでは、IS Fにも搭載されていたV型8気筒DOHC 5.0リッターの「2UR-GSE」を搭載。新しいシリンダーヘッドの採用や可動部品の軽量化、圧縮比の向上、高回転化などによって12%のパワーアップを実現し、最高出力351kW(477PS)/7100rpm、最大トルク530Nm(54.0kgm)/4800-5600rpmを発生する。ハイブリッドモデル以外のRC350とRC Fでは8速ATの「8-Speed SPDS(8速スポーツダイレクトシフト)」をトランスミッションに採用する。JC08モード燃費はRC350が9.8km/L、RC Fが8.2km/L、ハイブリッドモデルのRC300hは23.2km/Lとなっている。

 このほかに走行性能では、車体上下の気流を利用して高速走行時の安定性や操作性を最適化する「空力操安」のコンセプトを採用。さらにRC FではLFAから技術を継承した「4リンクアクティブリアウイング」を装備してダウンフォースを強化している。8-Speed SPDSには「ドライブモードセレクト」を用意し、「NORMAL」「SPORT」「M」の3種類に加え、RC Fでは高いエンジン回転数の維持や早いシフトダウンなどを行う「SPORT S+」を設定する。

 足まわりでは、RC350“F SPORT”にリアホイール操舵機能を備える「LDH(レクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム)」を標準装備し、RCモデルに「AVS(Adaptive Variable Suspension system)」をオプション設定。RC FではVSC、ABS、TRCを一元管理して車両の限界性能までスムーズな制御を行う「スポーツモード付きVDIM」を採用し、電子制御によって後輪左右の駆動力を最適に配分する「TVD(Torque Vectoring Differential)」を後輪駆動車として世界初採用の装備としてオプション設定する。

RC350の走行イメージ
新開発されたサスペンションは、フロントがダブルウイッシュボーン、リアがマルチリンク。前後ともにモノチューブダンパーとボールジョイントスタビライザーを採用する
RC Fの走行イメージ
4リンクアクティブリアウイングは走行中の車両速度に応じて自動的に上下するほか、ボタンによるマニュアル操作も可能
高いサスペンション剛性とロール剛性の適正化を実現するため、約70%のパーツを新設計したというRC Fのサスペンション。サスペンション形式はRCモデルと同じだが、さらに強大なパワーを受け止めるリアサスペンションはジオメトリーをRC F向けに最適化したほか、コイルスプリング、ダンパー、バウンドストッパー、スタビライザーの特性も専用チューニングしている
RCモデルで採用されるタイヤ&ホイール
RC Fに採用されるタイヤ&ホイール

 インテリアの基本デザインは、レクサスブランドのクーペ専用モデルとしてスポーツ性とエレガンスの両立を目指し、全車のシート表皮やドアトリムなどのマテリアルに本革を使用。また、フロントシートでは“F SPORT”グレードには専用キルティング加工の専用スポーツシート、RC Fには強い横Gに対して搭乗者の身体を肩まで支える新型ハイバックスポーツシートを設定する。

RC350のインパネデザイン
全車4人乗りとなるキャビンスペース
RCモデルのリアシートは6:4分割可倒式
フロントシート背面にあるノブを引いて前方に倒すと、モーターによって自動的に座面が前方にスライド。リアシートへのアクセス性が高まる。シートバックを起こせば元の位置まで自動復帰
レクサス車らしくインテリアカラーも多彩にラインアップ
センターコンソールやドアトリムなども革張りになり、上質感を演出
RC Fのインパネデザイン
RC Fはリアシートがヘッドレスト一体型になり、センタートランクスルーに対応
肩の上までしっかりとホールドするレーシングテイストのフロントシート
RC Fのシートはツートーンカラーなどアグレッシブなデザインも多い

 メーターデザインは、“F SPORT”グレードがLFAやISなどにも採用されている「可動式リング構造フルグラフィックスメーター」、RC Fが大型マルチインフォメーションディスプレイを備える2眼式340km/hスケールメーターとなり、F SPORT”グレード以外のRCモデルでは中央にフルカラーマルチインフォメーションディスプレイを配置する2眼式メーターを採用。RC300hでは左側メーターがハイブリッドシステムインジケーターとの切り替えタイプとなり、計4パターンが用意されている。

RC350のステアリング&メーターパネル
2眼式のオプティトロンメーターを採用する
RC300hの左側メーターはハイブリッドシステムインジケーターにもなる
“F SPORT”グレードのインパネデザイン
センターの可動式リングが右側にスライドし、インフォメーションエリアが表示される
RC Fのステアリング&メーターパネル
中央に大型のタコメーターを配置し、右側のスピードメーターは340km/hスケールとなる
メーター左側の大型マルチインフォメーションディスプレイには「Gモニター」「ラップタイマー」「TVDのトルク配分」「ドライブモードセレクト」「タイヤの空気圧」などさまざまな情報が表示可能
センターコンソールの「リモートタッチ」は、NXから採用されているタッチパッド式
ルーフに設置されたランプ類は、押し込まなくても指先で触れるだけでON/OFF操作が可能
374Lの容量を持つトランクにはゴルフバッグを2つ収納できる

(編集部:佐久間 秀)