【最新ニュース】
パイオニア、NTTドコモと協業しスマートフォンをカーナビ化するクレイドル
ナビアプリ「ドコモ ドライブネット powered by カロッツェリア」も提供

協業を発表したパイオニアの小谷進社長(左)と、NTTドコモの辻村清行副社長(右)

2010年10月5日発表



 パイオニアとエヌ・ティ・ティ・ドコモは10月5日、幕張メッセで開催されているアジア最大級のIT・エレクトロニクス展示会「CEATEC JAPAN 2010」会場において、「ドコモ ドライブネット」サービスの協業を発表した。パイオニアは通信ナビアプリの開発と、スマートフォン専用車載クレイドルの開発と提供を行う。サービスの開始は2011年3月末を予定している。

 ドコモ ドライブネットはNTTドコモのネットワークを通じて、最新の地図情報、観光情報、駐車場の満空情報などのエリア情報を通信で提供するドライバー向けの情報提供サービス。そこに、パイオニアが開発した通信ナビアプリ「ドコモ ドライブネット powered by カロッツェリア」が提供される。

 さらに、パイオニアが開発するスマートフォン専用車載クレイドル「スマートクレイドル」にAndroid端末を取り付けることで、専用のGPS、加速度センサー、ジャイロセンサーを持ったカーナビになる。アプリとカーナビは別々に提供され、クレイドルが持つ機能が不要ならば、スマートフォンにアプリだけをインストールして利用することも可能となっている。

スマートクレイドルに搭載したスマートフォン(Android端末) Android端末の展示として、ソニー・エリクソンのXPERIAを装着していたが機種限定ではない 道案内中の画面
クレイドルは汎用となっており、XPERIA以外の機種も装着可能 回転部分があり、ヨコ位置、タテ位置ともに設置できる。円形部分にGPSアンテナを内蔵予定と言う 回転させたところ
Androidアプリで提供され、起動は画面のアイコンから 目的地検索画面

 提供される通信ナビアプリには、パイオニアがカロッツェリアブランドで展開するカーナビエンジンをスマートフォンに最適化して搭載。位置精度は車載カーナビと同等としている。目的地までのナビゲーション機能のほか、VICSやそれにプラスしてスマートループ渋滞情報を提供する。地図は、最新地図をサーバーに収録、必要に応じてダウンロードして利用する方法となる。

 通信料金は現在のスマートフォンの利用に含まれるものとし、情報料金は現在検討中。

 クレイドルにはGPS、加速度センサー、ジャイロセンサーのほか、「エコ運転支援」としてLEDが赤や緑に点灯する機能を持つ。クレイドルとスマートフォンとの接続は、Bluetoothで行われ、対応スマートフォンはAndroid 2.1以上のものになる予定。スマートフォンはタテ位置、ヨコ位置ともに回転させて利用できる。さらにBluetoothハンズフリー機能や、ガイド音声の自動音量調整機能を持っている。

 なお、クレイドルの価格は未定。パイオニアによれば、センサーを搭載した分のコストがかかるため、それに沿った価格になると言う。販売チャンネルも現在検討中とのこと。

 発表会では、パイオニアの小谷進社長がクレイドルと組み合わせたスマートフォンを「本格的なカーナビ」と評価、「市場をリードする、新ビジネスモデルを構築していく」と自信を見せた。

 具体的な取り組みとして、10月1日付けで新組織の「情報サービスプラットフォームセンター」を立ち上げ、個別組織で活動していた研究開発部門や子会社のインクリメントPの技術者を結集させたことを挙げた。

 また、NTTドコモの辻村清行副社長は今回の協業をスマートフォンの展開に関するものとし「通信とナビが融合した新しいカーナビの世界を提案したい」と話した。ドコモ ドライブネットの特徴として、駐車場の満空情報、ガソリンスタンドの価格情報、グループ位置共有などを挙げた。

 特にグループ位置共有機能はカーナビでは初めての機能とし、ドライブネットを利用している人同士なら、メンバーの現在位置をお互いに表示できるというもの。辻村氏は「安心で快適なドライブに役に立つサービスだろう」と評価した。

パイオニアの小谷進社長 スマートフォンナビの加入者は増えると予測 パイオニアの優位性を活用したスマートフォンへの対応
具体的な取り組み 本格的なカーナビを強調している 提供される機能
NTTドコモの辻村清行副社長 NTTドコモのこれまでの取り組み ドコモ ドライブネットの中でも、今回はスマートフォンが対象
ドコモ ドライブネットの特徴 ガソリンスタンドの情報が得られる グループ位置共有機能では、メンバーの現在地が地図に表示される

 会場では、クレイドルの位置情報精度をアピールするビデオを上映、2台のスマートフォンを並べ、クレイドルの機能の有無による自車位置のズレの違いを示した。

(正田拓也)
2010年 10月 5日