ニュース

JAL、旧JASのシートや機内食用カートなどを販売する東北応援チャリティ・バザーを実施

2015年3月8日 実施

 JAL(日本航空)は3月8日、モデルプレーンや旅客機のシート、機内食用のカートなどを販売するチャリティ・バザーを東京・羽田空港で実施した。2013年5月より行なっている東北応援プロジェクト「行こう! 東北へ」の一環として行なわれたもので、その収益は全て応援プロジェクトに活用される。

 このチャリティ・バザーは、JALのほか、JTA(日本トランスオーシャン)、JAC(日本エアコミューター)、ジャルパックなど、JALグループ各社が協力して、さまざまな商品を供与。B747-400のモデルプレーン、旧ロゴマークの航空機ポスター、文房具や記念CDなどが入った福袋、ファーストクラスで提供しているリラクシングウェア、機内用食器、その他オリジナルグッズを始め、JAS(日本エアシステム)の機材で使用されていたビジネスクラスおよびエコノミークラス用のシートや、機内食を配布する際に利用するカート(サービストローリー)、機内のオーブンで利用する内挿ラックなど飛行機ファン垂涎の品々も並んだ。

 さらに、国内線ファーストクラスで2カ月間だけ提供していた岩手県産の復興米や宮城県産ひとめぼれなどのお米、東北の人々によるバザー用手作り商品など、東北復興にかける思いが込められた商品も用意されている。

 会場は羽田空港国内線第1旅客ターミナル6階のギャラクシーホール。10時からの開場を待つ行列も作られ、先頭の人は第1旅客ターミナルがオープンする5時より早い、4時30分ごろに空港に到着したという。最終的に、10時の入場開始時点では300名ほどが列を成した。

 会場は2つに分けられた。1つは機内食用カートや座席、1/50〜1/144スケール級の大型モデルプレーンを扱う部屋で、こちらの商品は申し込みを行ない、13時に行なわれる抽選によって購入権利者が決まる仕組み。そのため、会場は落ち着いた雰囲気で、来場者はじっくりと商品を眺めていた。

 もう一方の部屋が本会場で、さまざまな商品が並べられた通常販売のコーナーが並ぶ。こちらは“早い者勝ち”ということもあって、約30名ずつ様子を見ながら入場するようスタッフが調整してはいたものの、お目当ての商品を求める人の熱気が充満。枚数制限が設けられたポスターなどを脇から溢れんばかりに抱える人の姿が見られた。

 また、こちらの部屋にはJAL会長の大西賢氏や、副社長の佐藤信博氏も来場。大西会長は会場の雰囲気を見て、「いいですね。この活気が東北の復興に繋がればいい」と笑顔を見せ、商品を一杯に抱える来場者にビニールバッグを差し出していた。

会場外の9時ごろの様子。この時点でも目算で200名弱ほどが並んでいたが、10時の入場開始時点では300名に達した
一般販売を行なう本会場の入り口。会場内の様子を見ながら約30名ずつ順次案内した
抽選販売商品が並べられた部屋は急ぐ必要もなく、じっくり商品を眺められる
こちらは早い者勝ちの本会場。ポスターは列を作るよう案内していたが、ほかは自由に見て回れる状態で、ビニールバッグ一杯に商品を詰めて歩く人々の姿が見られた
JAL会長の大西賢氏は、来場者の雑踏の中で、荷物を抱えた人を見つけてはビニールバッグを配布したほか、記念撮影にも応じていた
副社長の佐藤信博氏はモデルプレーンのコーナーで、ほかのスタッフに混じって接客

抽選販売の商品

JTA(日本トランスオーシャン航空)のB737で使われていた機内用のカート。1人1台限定で1万円
中にはトレイも
カートを閉じた状態
カートの車輪。1カ所に2個ずつ、4カ所で計8個の車輪が付いている
足で踏む車輪のロックレバー
背面側。汚れもあり、実際に使われたものであることを感じさせる
JAS(日本エアシステム)が2機だけ所有していたDC-10のビジネスクラスのシートは2席1セットで5万円
肘掛けに収納されたテーブルもそのまま利用可能
ドリンクなどを置く座席間に収納されたテーブルも利用できる
シートベルト
シートの足の部分
JASのA300で利用されたエコノミークラスのシート。3席1セットで5万円
アームレスト
シートの足の部分
10万円の値段が付けられた1/50スケールのB747-400モデルプレーン。2002年から使われた「The Arc of the Sun」(通称:サンアーク)塗装のもの
ラウンジなどで展示されていたもので、一部が欠けていたが、佐藤副社長立ち会いの元、整備士がパテで修繕したという
同じく10万円の値段が付けられた、旧JAS塗装の1/50スケール、DC-10モデルプレーン
JASはJA8550、JA8551という2機のDC-10を所有していたが、このモデルプレーンはJA8550の登録記号が書かれている
JASのDC-10、1/50スケールモデルプレーンの収納箱
サンアーク塗装のエンブラエル170型機、1/30スケールモデルプレーンは5万円。機材紹介のパネルも付属する
エンブラエル170型機のモデルプレーン
ノーズの部分に修繕箇所があった
機材紹介のパネルもセット
日本と台湾の間を飛んでいたJAA(日本アジア航空)のB747-300モデルプレーン。1/100スケールで価格は2万円
京都議定書に基づいて結成された「みんなで止めよう温暖化 チームマイナス6%」のロゴが入ったB777-300、1/144スケールのモデルプレーン。主翼の先などが修繕されており、3,000円で販売
JAZ(ジャパンエアチャーター)のロゴが入ったDC-10、1/144スケールモデルプレーン。5,000円
珍しいクリスタルのモデルプレーン。サンアーク塗装で、外国人への訪日誘致活動で使用された「Yokoso! Japan」ロゴの機体。在庫は2台で、1万円で販売された
1/50スケールのエンブラエル170型機。箱などもなく、現品限りで1万円
サンアーク塗装のB787-8という珍品。在庫3台で1万円。B787がJALへ納入された時点では、尾翼に鶴丸マークが描かれた現行塗装へ変更されていたため、現実には存在しない。Boeingへのオーダー時はまだサンアーク塗装が使われていたために作られたもの
これも現実には存在しなかった、JAAロゴを付けたB747-400のモデルプレーン。1/100スケールで現品のみ3万円だった
サンアーク塗装のB747-400、1/100スケールモデルプレーン。修繕ありで1万円。
同じくサンアーク塗装のB747-400、1/100スケールモデルプレーン。こちらは修繕箇所がなく3万円

本会場に並べられた商品

ポスターはB747-400やMD-11のコックピットやB747-400のスケルトンCGなど1枚1000円、1人1枚までの“プレミアム版”のほか、JAL、JASの機材が描かれていたり、各空港で掲出されたりするものなど1人3枚まで1枚300円の“通常版”が用意された
機内食判別のためにCA(客室乗務員)が機内で用いる“ミールシール”のセット。1人1点で2000円
ジェットエンジン用潤滑油である「Mobil Jet Oil II」の缶を貯金箱にしたもの。整備士の手作り。価格は300円
機内のオーブンで使う内挿しラック。1人1組限りで5000円。引き出し状になっており、POPには「文具収納ケースとしても使えます」とメッセージが書かれていた
子ども向けのおもちゃコーナー。旧鶴丸塗装のペーパークラフトやJAL創立50周年記念のペーパープレーンなど多数用意
幼児向けの木製プレーンも並んでいた。おもちゃは商品により50〜300円
機内販売などのために作られた女性用小物やアクセサリなどJALオリジナルの商品も多数陳列
女性用小物や各社のノベルティグッズなど
サンアーク塗装の航空機が描かれたQuoカード。こちらは額面通り500円で販売
JAC(日本エアコミューター)のYS-11が2006年に退役した際の記念ピンバッチセットなどのオリジナルグッズの数々
携帯ストラップやJTAのお箸など
機内で使われた銀製のスプーンとフォーク
ファースト/ビジネスクラスで利用されるJALロゴ入りの食器。お皿が1枚100円など格安の実用品
タンブラーやマグカップも
こちらは抽選販売ではないカート。1台1万円
卓上カレンダーは1部100円。当然2015年版で、販売スタッフは「あと9カ月ほど使えます」とアピール
こちらはCA卓上カレンダー。同じく100円
壁掛けカレンダーは1部200円
大型の「JAL FLEET CALENDAR」は1部1000円
文具などが詰められた1000円のオリジナル福袋の中身
ファーストクラスで提供されるリラクシングウェア。もちろん収納袋に入ったオリジナルの状態で販売される
JACのDHC-8-Q400のロゴ入りタオルやTシャツ、ポロシャツなど。衣類はバリエーションが豊富
ファーストクラス用の毛布。厚手かつ大型で、会場内はこれを脇に抱えて歩く人の姿も多かった
東北の人とJALがコラボして制作したバザー限定のオリジナルグッズ
岩手県大槌町の復興米と宮城県産のひとめぼれ
大槌町の復興米は震災を生き延びた3株から育てたもの。2014年11月〜12月の2カ月間、JALの国内線ファーストクラスの夕食に提供されていた
会場入り口に展示された東北の子ども達が描いたイラスト
会場内には募金箱とともに、東北への応援メッセージを送るコーナーも設置

【お詫びと訂正】記事初出時、東北応援プロジェクト「行こう! 東北へ」の開始時期に誤りがありました。お詫びして訂正させていただきます。

(多和田新也)