2015ジュネーブショー

フェラーリ、最高速330km/hの「488GTB」を世界初公開

V型8気筒 3.9リッター 直噴ターボエンジンを搭載

2015年3月5日〜15日(現地時間)

スイス ジュネーブ

GENEVA PALEXPO

 フェラーリは、ジュネーブモーターにて、V型8気筒エンジンを搭載した「488GTB」を世界初公開した。

世界初公開された488GTB。新型のV型8気筒エンジンを搭載する

 308GTBの登場から40年の歴史を持っている、フェラーリのV型8気筒モデル。先代の458イタリアの後継となる488GTBは、ドライサンプ式のV型8気筒 3.9リッター(3902cc)直噴ターボエンジンをリアミッドに搭載している。ターボエンジンから発揮される最高出力は8000rpmで670CV(492kW)を発生させ、最大トルクは760Nm/3000rpm。最高速は330km/h以上をマークし、0-100km/hの加速時間は3.0秒、0-200km/hは8.3秒となっている。

ボディーサイズは、4568×1952×1213mm(全長×全幅×全高)

真鍋裕行

1980年生まれ。大学在学中から自動車雑誌の編集に携わり、その後チューニングやカスタマイズ誌の編集者になる。2008年にフリーランスのライター・エディターとして独立。現在は、編集者時代に培ったアフターマーケットの情報から各国のモーターショーで得た最新事情まで、幅広くリポートしている。また、雑誌、Webサイトのプロデュースにも力を入れていて、誌面を通してクルマの「走る」「触れる」「イジる」楽しさをユーザーの側面から分かりやすく提供中。AJAJ・日本自動車ジャーナリスト協会会員。