CES2015

トヨタ、約5680件の燃料電池関連特許の実施権を無償に

FCV(燃料電池車)普及に向けた取り組みの一環として

2015年1月6日発表

会期:2015年1月6日〜9日(現地時間)

会場:Las Vegas Convention and World Trade Center(LVCC)、LVH、The Venetian

CESのプレスカンファレンスにおいて、燃料電池関連の特許無償化を発表するToyota Motor Sales, U.S.A シニアバイスプレジデント Bob Carter氏

 トヨタ自動車は1月6日、FCV(燃料電池車)導入期において普及に貢献するため、同社の世界で持つ約5680件の特許実施権を無償で提供すると発表した。

 これは水素社会早期実現のために行うもので、FCV関連では、燃料電池スタック(約1970件)、高圧水素タンク(約290件)、燃料電池システム制御(約3350件)といったFCV製造の根幹となるものが含まれるという。FCVの製造・販売を行う場合、市場導入初期(2020年末までを想定)の特許実施権を無償にするとしている。

 水素供給・製造といった水素ステーション関連の特許(約70件)に関しては、水素ステーションの早期普及に貢献するため、水素ステーションの設置・運営を行う場合の特許実施権を、期間を限定することなく無償とする。

 これらの特許実施に関しては、特許実施権の提供を受ける場合の通常の手続きと同様に、トヨタに申し込み行い、実施条件などについて個別協議の上で契約書を締結していく。

 米国ラスベガスで開催中の「2015 International CES」における同社プレスカンファレンスでも同様のことが発表され、トヨタはグローバルに水素社会の早期到来に会社として取り組むことを示した。このプレスカンファレンスでは、トヨタの新型FCV「MIRAI(ミライ)」が発表され、日本での発表どおり米国でも「MIRAI」として紹介された。

日本での発表どおり、米国でも「MIRAI」として発表されたトヨタ「MIRAI(ミライ)」。3分〜5分の水素充填で、300マイル走行可能な点を訴求していた

(編集部:谷川 潔)