ニュース

【ITS東京2013】行政や自治体など「官」主体の取り組みを紹介

累計3700万台を数えるVICSには次世代技術の足音も

総務省、情報通信研究機構、YRP研究開発推進協会の合同ブース
2013年10月14日〜18日開催

 10月14日、20回目を迎える「ITS世界会議東京2013」が開幕した。会期は18日まで。この会議はITS(Intelligent Transport Systems:高度道路交通システム)を利用して、「安全・安心」「環境・効率」「快適・利便」といった世界共通の交通に関する課題の解決を模索するもの。

 メイン会場となる東京ビッグサイトでは、産官学の出展ブースによる展示会が開催されている。ここではその展示内容から行政、インフラ系のブースを紹介していこう。

総務省

 総務省を中心としたブースでは「より高度な通信を目指す」「命を守る」「便利に移動する」をテーマに、企業の取り組みなどを紹介。ジオラマを使ってITSの仕組みを紹介したり、実際のデバイスの展示や実演が行われていた。

ITSの仕組みをジオラマで分かりやすく紹介
衛星からの電波受信用モジュールなどコアな製品も展示
76-81GHzのPLLシンセサイザー。サイズは米粒よりちいさく1mm角ほど
デンソー製の700MHz帯車車間・路車間通信用車載機。サイズ的にはすでに市販レベル
道路側のDSRCアンテナ。車両認証によるゲートの自動開閉、料金の自動決済などの用途を想定したもの
79Ghz帯を使用するパナソニック製のミリ波レーダー。40m先の車両や歩行者を20cmの距離精度で分離、検知が可能
カメラ部分を覆ってしまっても動体の認識が可能。交差点などに設置し、車両や歩行者の認識を想定

警察庁

警察庁ブースのシミュレーター

 情報通信技術などを活用して、安全、快適、そして環境に優しい交通社会を実現する新交通管理システム(UTMS:Universal Traffic Management Systems)を紹介。ブースに置かれた3画面のシミュレーターでは、安全運転支援システム(DSSS:Driving Safety Support Systems)などを体験できた。

信号情報活用システムの例。前方が赤信号のときにアクセルオフと減速を促して環境負荷を軽減
こちらは逆に前方の信号が変わることをドライバーに通知。前方に大型トラックがいて目視できないような状況で有効かもしれない
DSSSを使って左後方からのバイク接近を知らせ、交差点での巻き込み事故を防止

自治体

愛知県、柏市、さいたま市、長崎県、静岡県の合同ブース

 国内の各自治体が独自に取り組んできた成果を発表するこちらのブース。なかでも目を惹いたのが長崎県の取り組み。同県西部に位置する五島列島を「エコアイランド」と位置づけ、長崎EV&ITS(エビッツ)プロジェクトを推進している。このプロジェクトでは、レンタカーを中心にEV、およびPHVを大量導入すると同時に、島内各所に充電スポットやITSスポットを整備。充電中にDSRC車載器を利用して観光などの情報を取得し、簡単な操作でカーナビに目的地設定することを可能とした。一方で地元住民が情報提供できるシステムも開発中で、インフラ整備という地域への負担だけでなく、メリットも得られるような仕組みが考えられている。

 また、本会議の開催地となった東京都も独自のブースを用意。「CityPlanning」など3つのテーマで取り組みを紹介していた。

カーナビとITSの連携による地域型情報配信システムのデモ。画面など詳細な情報は別記事のアルパインブースで紹介する
静岡市の例。山岳部の狭い道路にLED式の表示板を設置することでスムーズな行き違いを実現。道路拡幅や信号機の設置より低コストで実現できる
大型の独自ブースを構える東京都。こちらは都バスの運行管理システムの紹介

道路交通情報通信システムセンター(VICS)

VICSの紹介をメインとしたブース

 VICSによる情報提供の現状紹介がメインコンテンツ。将来的には各都道府県の警察などが管理している道路カメラを使った渋滞情報の認識、そのデータをベースとした情報提供なども予定している。これは道路上に設置された光ビーコンで配信される「レベル2」と呼ばれる簡易画像によるもので、現状では方向別のおおまかな状況しか分からないが、実現すればレーン毎の混雑状況まで把握できるようになる。また、タクシー&バスを使ったプローブ情報の収集、提供も実証実験中という。

上段が次世代VICS(レベル2)の表示
映像による車両認識と案内表示の例。このデモで使っている映像はハンディカメラで撮影したものだが、将来的には警察の道路監視用カメラなどを利用することを想定している
カメラ位置によっては駐車場入り口など特定スポットの情報提供も可能になる

NEXCO東日本

淡い緑色を基調としたNEXCO東日本ブース

 快適な高速道路をテーマに交通管理や災害復旧、道路メインテナンスの高度化などを紹介するNEXCO東日本(東日本高速道路)ブース。目を惹いたのは「緊急ヘリ撮影システム」と「全自動ロボット型空中俯瞰撮影システム」。前者はデジタルカメラを使って撮影と位置計測を同時に行うシステムで、動画ではなく連続した点として状況を観測できることがポイント。必要な部分だけを抜き出せるなど作業性が高く、緊急時のメリットになる。

 後者は「自律型4軸ヘリコプター」を使用する技術。最近ではホビー用として同様の形状を持つ製品も市販されているが、こちらはGPSや気圧センサーを備えた本格派。バッテリー1本で約20分の飛行と約15ha分の撮影、スキャンを行い、オルソ画像の生成も可能。目視では発見が難しい橋梁の老朽化、日常的な点検が困難な場所などでの活用が想定されている。

デジカメを使った緊急ヘリ撮影システム。カメラ下部は距離測定用のレーザーセンサー。ヘリコプター側の設備に依存せず、カメラマン1人で活用可能なのもスピーディな処理に貢献する
撮影は設定したインターバルで自動的に行われる。画像には位置情報と画面中央までの距離が保存され、結果は地図上にプロットできる
詳細な地点情報の表示。動画と違って解像度が高いことも有利になる
全自動ロボット型空中俯瞰撮影システム用の4軸自立型ヘリコプター。重量はバッテリー込みで1.2kgと超軽量で、対地速度は最大約55km/h
撮影した画像から3Dの地形データも生成できる

NEXCO西日本

料金所ゲート周辺の機器を紹介するNEXCO西日本ブース

 NEXCO西日本(西日本高速道路)ブースでは、遠隔操作で復旧が可能なレーンバーをメインに、双方向型テレビインターホン、融雪装置、重量測定装置など、料金所に関する設備を紹介していた。

そのほか

国土技術研究センターや各地の道路会社などによる合同ブースでは、パネル展示によってそれぞれの取り組み内容を紹介
衛星測位利用推進センターのブースには準天頂衛星みちびきの1/4サイズ模型が展示された

(安田 剛)