ウラカン・ペルフォルマンテではエアインテークシステムの最適化、チタン製バルブの採用、エグゾーストシステムの改良などによって最高出力470kW(640PS)/8000rpm、最大トルク600Nm/6500rpmを発生

ウラカン・ペルフォルマンテではエアインテークシステムの最適化、チタン製バルブの採用、エグゾーストシステムの改良などによって最高出力470kW(640PS)/8000rpm、最大トルク600Nm/6500rpmを発生