車体はI-PACE専用に開発された、94%にアルミニウムを使用する軽量・高剛性な「アルミニウム・アーキテクチャー」を採用。ボディ構造の一部としてフロントとリアにアルミニウム製のサブフレームを備え、その間に低い位置でバッテリーフレームをレイアウトすることで50:50の前後重量配分と“ジャガー史上最も高い”というねじり剛性(36kNm/deg)を実現

車体はI-PACE専用に開発された、94%にアルミニウムを使用する軽量・高剛性な「アルミニウム・アーキテクチャー」を採用。ボディ構造の一部としてフロントとリアにアルミニウム製のサブフレームを備え、その間に低い位置でバッテリーフレームをレイアウトすることで50:50の前後重量配分と“ジャガー史上最も高い”というねじり剛性(36kNm/deg)を実現