東京オートサロン 2016

スバル、「STI Performance Concept」「レヴォーグ STI CONCEPT」「スバルXVハイブリッド CONCEPT」を参考出品

3台のコンセプトカーで幅広いニーズに対応するSTIの活動を表現

2016年1月15日〜17日開催

 1月15日に幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開幕した「東京オートサロン2016 with NAPAC」のスバル(富士重工業)では、STI(スバルテクニカインターナショナル)ブランドの活動領域を表現した「STI Performance Concept」、より本物の質感を追求しSTIブランドの可能性を広げる「レヴォーグ STI CONCEPT」、ハイブリッド車にSTIブランドの世界観を織り込み新たな魅力を表現した「スバルXVハイブリッド CONCEPT」を展示した。

「STI Performance Concept」(参考出品車)

 2015年4月のニューヨーク国際自動車ショーで初公開された「STI Performance Concept」が、日本で初公開された。STIのパーツビジネス、コンプリートカービジネス、モータースポーツといった活動領域を1台のクルマに盛り込んだコンセプトカーで、そのチューニングは多岐にわたる。STI製サスペンション、ブレーキ、内外装パーツ等の装着はもちろん、エンジンは量産車に搭載されるFA20型ではなくSUPER GT用のEJ20型ターボエンジンを搭載。STIのモータースポーツ活動を象徴したモデルが「STI Performance Concept」となる。

「STI Performance Concept」(参考出品車)

「レヴォーグ STI CONCEPT」(参考出品車)

 WRブルー・パールのボディカラー、専用のボルドー/ブラックのツートン内装に専用加飾、足まわりにSTI専用チューニングダンパーとSTI製18インチアルミホイールを装備した「レヴォーグ STI CONCEPT」。従来の「S」シリーズや「tS」シリーズが持つスポーツ性や内外装の上質さを、より身近に感じられるように仕立てられたコンセプトモデルだ。

「レヴォーグ STI CONCEPT」(参考出品車)

「スバルXVハイブリッド CONCEPT」(参考出品車)

 クォーツホワイト・シリカのボディカラーにオレンジのアクセント色を加えた外装と、オレンジ、ベージュの2色を加えた専用設計の内装によるポップなイメージで「XV ハイブリッド」の持つ軽快な走りを表現したコンセプトモデル。SIドライブには「S#モード」を採用するとともに、STIスポーツパーツを装着して走りの質も向上させている。

「スバルXVハイブリッド CONCEPT」(参考出品車)

 上記3台の詳細は追って報告したい。

高橋 学

1966年 北海道生まれ。下積み時代は毎日毎日スタジオにこもり商品撮影のカメラアシスタントとして過ごすも、独立後はなぜか太陽の下で軽自動車からレーシングカーまでさまざまな自動車の撮影三昧。下町の裏路地からサーキット、はたまたジャングルまでいろいろなシーンで活躍する自動車の魅力的な姿を沢山の皆様にお届けできればうれしいです。 日本レース写真家協会(JRPA)会員