ニュース

ダイハツ、首相夫人の安倍昭恵氏と“農業女子”が出席した「ハイゼット トラック」発表会

農林水産省の「農業女子プロジェクト」に参加し女性ならではのデザインや装備を盛り込む

新型ハイゼット トラックの前に立つ、首相夫人の安倍昭恵氏(左)とダイハツ工業 取締役社長の三井正則氏(右)
2014年9月2日開催

 ダイハツ工業は9月2日、軽トラックの「ハイゼット トラック」を15年ぶりにフルモデルチェンジして同日から全国で発売した。UVカットガラスなどを装備した「農業女子パック」も用意されるハイゼット トラックの発表会には、“農業女子”と首相夫人の安倍昭恵氏、農林水産大臣なども出席した。

ニーズの変化に合わせたフルモデルチェンジ

ダイハツ工業取締役社長の三井正則氏

 今回のモデルチェンジについては、ダイハツ工業 取締役社長の三井正則氏が「ニーズが大きく変化していることが分かり、多様なお客様のご要望に応えるように商品力を大幅に向上させた」と述べ、時代に求められる安全性や経済性のほか、ユーザー比率における農業利用者、高齢者、女性ユーザーの割合増加に合わせたものになったとした。

 また、農林水産省の「農業女子プロジェクト」にダイハツ工業は自動車メーカーで唯一参加。このプロジェクトで開発された女性ならではのデザインや装備も新型ハイゼット トラックに盛り込まれているとした。

 このプロジェクトは、ダイハツをはじめとするプロジェクトに賛同した企業と女性農業者が協同して、新たな商品やサービス、情報などの開発を行うもの。農業女子の定着だけでなく、企業とのビジネス化、生産物の付加価値化を行っていくというものとなる。

 新型の開発では全国各地の軽トラックユーザーを訪問し、徹底的にヒアリングを行って進められた。その結果、新型のポイントは4つで、「仕事がしやすい」「経済的」「頼れる」「選べる」となっている。全体的な改良点はこちらの関連記事(http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20140902_664731.html)のとおり。

ダイハツ工業 技術副本部長 執行役員の上田亨氏

 この4つのうち、「選べる」という点では全8色のボディーカラーと用途別のオプション「ぴったり ぴっく!」を用意した。また、業務によっては必須となる防錆装備を充実させた「ストロング防錆パック」といったものから、フロントと運転席側のウインドーにスーパーUV&IRカットガラスを採用し、バニティミラーやスーパークリーンエアーフィルターなどを装備する「ビューティーパック」といったセットオプションまで用意される。さらに「農業女子パック」ではビューティーパックの内容に加えて、ボディー同色のカーオーディオベゼルなどをまとめた「選べるカラーパック」もセットにしたものとなる。

 なお、ダイハツ工業の技術副本部長で執行役員の上田亨氏によれば、UV&IRカットガラス、バニティミラー付きサンバイザー、豊富なボディーカラーなども農業女子プロジェクトから生まれた装備の1つだと紹介している。

ハイゼット トラックの概要
仕事がしやすくなる装備
荷台のサイズなど。すでに限界まで使っているため、先代から数値的にはほぼ同様
改良したボディーや足まわり
燃費は電子制御式の4速ATなどで改善
安全性能を向上させる技術や装備
開発で重視したという防錆性能
“ぴったり ぴっく!”と呼ばれるパックオプション
全8色のボディーカラー
農業女子プロジェクトと連携
標準ボディー以外の特装車両は後日追加する
価格はエアコン、パワステなしの仕様で65万3000円から
あらゆる用途に対応する

さまざまな場所で展示イベントを開催

ダイハツ工業 営業本部長 専務執行役員の堀井仁氏

 今回は農業に焦点を当てた発表会となったが、これは、ハイゼット トラックを農業に利用する比率の増加によるもの。2005年は全体の37%が農業利用だったのに対して、2012年は47%と増加している。これは、ダイハツ工業 営業本部長 専務執行役員の堀井仁氏によれば、小売業や建設業の分野で利用が減っているためで、結果的に農業利用の割合が増えているという。

 発売の9月2日から、すでに業販店を含めたダイハツの看板を掲げる販売店に試乗車や展示車を配備。特にハイゼット トラックの7割以上を販売している業販店での展開を重要視する考えも示した。

 販売店以外では、軽トラックユーザーが身近に感じられる場所での展示も推進していく。具体的に決まっている内容では、ホームセンターの「コメリ」とタイアップ。コメリの店舗で常設展示やイベントなどを開催し、ニューモデルの認知を促進する。さらに、農業に従事する人の日々の生活動線に近い「道の駅」などでも軽トラックの荷台を活用した「軽トラ市」を開催。JA(農協グループ)や漁協での展示も積極的に推進していくという。

 また、農業女子プロジェクトの参画企業である東急ハンズでは、札幌店で9月22日〜23日に展示を実施。北海道の農業女子プロジェクトメンバーがハイゼット トラックの荷台を活用したマルシェを行い、農業女子の生産品、あるいはグッズを販売する予定という。

ハイゼット トラックの営業活動
ホームセンターのコメリでの展示を行う
業販店での展開を強化、試乗車や展示車を配備する
農業女子プロジェクト参画企業との提携も行う。東急ハンズでイベントを開催

安倍昭恵夫人や農業女子も参加した発表会

 今回の発表会では、“農業女子”5名に加え、農業女子プロジェクトに関わる多彩なゲストが登壇。総理大臣夫人の安倍昭恵氏、農林水産大臣の林芳正氏をはじめ、農林水産省や参画企業からも担当者が参加して、それぞれがプロジェクトに対する思い入れを語っている。

 以前、ダイハツの「アトレー」に乗っていたという安倍昭恵氏は、安部首相の地盤でもある山口県下関市で無農薬の米を作っている。下関市で開催される「軽トラ市」に米を出品したいと考え、軽トラの購入を検討したことがあるというエピソードも披露。その際は購入には至らなかったものの、ボディーカラーが豊富なハイゼット トラックを見て「もし、次に買うことがあるなら欲しいなあ」と口にした。また、農業女子プロジェクトの盛り上がりに対し「農業というのは“もっとかっこよい仕事なのではないか”と世間にアピールできるのではないか。大企業勤めではなく農家を目指す、そういう世の中になればなと思っている」と期待を寄せた。

首相夫人の安倍昭恵氏
農業女子プロジェクトを担当する農林水産省経営局就農 女性課 室長の佐藤一絵氏
農業女子プロジェクトの参画企業から、“女性でも使いやすい耕うん機”を作っているという井関農機の的場朱里氏
東急ハンズで行うイベントを紹介する泉徳之氏
農業女子が作った野菜の取り扱いや、イベントの開催で農業女子プロジェクトを盛り上げる三越伊勢丹ホールディングスの渡辺聡子氏
農業に適していて、明るい作業ウェアを開発したいと語るモンベルの佐藤和志氏
農業女子を交えてのトークセッションも行われた
農業女子のみなさんは作業着に長靴という姿で登壇
内山農園の内山佳奈氏(北海道)
山形ガールズ農場の高橋菜穂子氏(山形県)
長谷川農園の長谷川恵理子氏(群馬県)
貫井園の貫井香織氏(埼玉県)
森本聖子氏(兵庫県)
発表会の最後には、農林水産大臣の林芳正氏が駆けつけた
農業女子、林大臣、安倍昭恵氏、三井社長によるフォトセッション
マルシェ風にディスプレイされたハイゼット トラックの前でポーズをとる安倍昭恵氏と農業女子

新型ハイゼット トラックを全色展示

 発表会の会場には新型ハイゼット トラックが並べて展示され、全8色のボディーカラーが全色用意された。

新型ハイゼット トラック。ボディーカラーはトニコオレンジメタリック
こちらのボディーカラーはライトローズメタリック、女子たちから支持を得たピンク色の軽トラックとなる
農業女子パックを装備しているため、フロントガラスはUV&IRカットタイプ
室内は標準グレードだが、カラーパックを装着している
農業女子パック、ビューティパックに含まれるバニティミラー
ボディーカラーはミストブルーマイカメタリック。フロントマスクにはスタイリッシュパックのメッキグリルを装着
カラーパックを装着しており、オーディオのフェイスプレートがボディーと同色になる。グレードはエクストラなので、パワーウインドーの装備やステアリングホイール中央のダイハツエンブレムがメッキとなる
乗り降りのしやすい低いフロア
エクストラはシート表皮も異なる
ステアリングホイール
トランスミッションは5速MT
オーディオのフェイスプレート色がボディーと同じ。その下の収納スペースも大きい
標準ルーフの室内
タイヤは145 R12-6PRLT
荷台はマルシェ風にディスプレイ
ブラックマイカメタリックのボディーカラー
鮮魚の積み込みをイメージした荷台
メタリックの質感あふれるブラック
オフビートカーキメタリック。農業女子のなかでも支持を集めているカーキ色だ
木材を積み込んで建築業をイメージ。スタイリッシュパックのホイールキャップを装着
リアまわり
標準色のホワイト。グレードはエクストラで、ボディー同色ミラーやドアハンドルを装備する
エクストラの室内
エクストラは標準でパワーウインドーを装着
エクストラのシートはフルファブリック
4速ATのシフトセレクター。ODスイッチも見える
ボディーカラーがホワイトの場合、オーディオのフェイスプレートはブラックとなる
年内発売予定のハイルーフ。ボディーカラーはブライトシルバーメタリック
天井が高く、ヘルメットをかぶったままでも楽に乗車できるという
年内発売予定のジャンボ。ボディーカラーはブルーマイカメタリック。キャビン後部が延長され、室内空間が広い
荷台下部の長さは通常ボディーと同じ
室内側から見た延長されて生み出された室内スペース

(正田拓也)