ニュース

【メディア4耐】「第25回メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」は「J-WAVE RACING」が優勝

Car Watchチームは13位完走。周回数は178周

Car Watchチームは2012年と同じ13位でフィニッシュ。レース後、4代目ロードスターの開発主査である山本修弘氏(写真中央)といっしょに記念撮影

 ついに4時間に渡る「第25回 メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」の決勝レースが終了した。16時のスタートから4時間が経過、Car Watchチームも無事にチェッカーを受けて完走を果たし、激闘を終えている。Car Watchチームは13位(暫定)完走、周回数は178周。優勝は「J-WAVE RACINGチーム」となった。

 2回のセーフティーカー導入という展開を受け、ラストスパートは各チームともペースアップ。エースドライバーにラストスパートを託すチームがほとんどのため、多くのチームが1分11秒台の早いペースで周回を重ねていく。快調に飛ばしたチームが多かった要因は、セーフティーカーの先導走行により周回ペースが下がり、当初予定より燃費に余裕が出たことだろう。給油タイミングさえ間違えなければ、燃費に苦しむことはなかったはずだ。

余裕のある燃料をフル活用し、各チームがラストスパート!
64号車 Car Watchロードスターもペースアップ
複数周に渡って続いた「CAR GRAPHIC RACING TEAM」との争いを、1コーナーの脱出でインから追い抜き順位アップ

 Car Watchチームもエースドライバーの岡本幸一郎選手がラストスパート。早いペースで周回を重ねていくが、残念ながら先行車のブロックを受けたことなどもあって順位を上げることはできず、13位のままチェカーを受けた。なお、10位以内という目標には届かなかったが、昨年の15位に対しては、2ランクアップを果たしている。

 約50分のラストスパートを戦い抜いた岡本選手は、クルマを降りて開口一番「無事に走れてよかった」とコメント。走行途中に不意に雨が降ってくるような天候だっただけに、無事にレースを終えられたことが何よりの喜びだったようだ。

4時間の耐久レースがフィニッシュ!
「J-WAVE RACINGチーム」が4時間の長丁場を征した
表彰台ではDJも務めているピストン西沢選手がトロフィーを受け取った
1位は「J-WAVE RACINGチーム」
2位は「CARトップ&XaCAR城市一族」
3位は「ENGINE RACING TEAM」

(正田拓也 / Photo:安田 剛 / 深田昌之)