東京モーターショー2017

【東京モーターショー2017】「クロスビー」や「スペーシア コンセプト」が登場するスズキブース

EVの4WDコンセプトカーと、小型クロスオーバー、軽トールワゴンを世界初公開

2017年10月25日 開幕

2017年10月27日 プレビューデー

2017年10月28日~11月5日 一般公開日

【東京モーターショー2017】「クロスビー」や「スペーシア コンセプト」が登場するスズキブース スズキブースでは10車種が世界初出展。クロスビーやスペーシア コンセプトは派生モデルも
スズキブースでは10車種が世界初出展。クロスビーやスペーシア コンセプトは派生モデルも

 10月25日、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で「第45回東京モーターショー2017」が開幕した。27日はプレビューデー、28日~11月5日は一般公開日となる。

【東京モーターショー2017】「クロスビー」や「スペーシア コンセプト」が登場するスズキブース 東京モーターショー2017のスズキブース
東京モーターショー2017のスズキブース

 スズキブースは東7ホールにあり、出展台数は4輪、2輪合わせて30車種。うち10車種がワールドプレミアとなる。壇上にはジムニーで培った4WD技術を使ったEVコンセプト「e-SURVIVOR」と、軽ハイトワゴン「スペーシア コンセプト」「クロスビー OUTDOOR ADVENTURE」、が並べられている。

 また、壇上以外にもクロスビーやスペーシア コンセプトは展示されているので、実際に触れることが可能だ。なお、前回の東京モーターショー2015で当日サプライズで登場した、アルトワークスような隠し玉は残念ながらなかった。

 また、2輪車も同じブースに展示されていたが、こちらは別記事を参照してほしい。

e-SURVIVOR

【東京モーターショー2017】「クロスビー」や「スペーシア コンセプト」が登場するスズキブース ラダーフレームを採用するなどジムニーの流れを汲む4WD仕様のEVコンセプトカー
ラダーフレームを採用するなどジムニーの流れを汲む4WD仕様のEVコンセプトカー

 e-SURVIVORは未来のSUVとして提案されたコンセプトカー。4基のモーターを搭載した4WDのEVで、ラダーフレームに軽量・コンパクトなボディなど、ジムニーやエスクードなど同社のコンパクトSUVの走破性や魅力を受け継ぐものだ。

【東京モーターショー2017】「クロスビー」や「スペーシア コンセプト」が登場するスズキブース オープンタイプの2シーターSUVで、ドアは透明で
オープンタイプの2シーターSUVで、ドアは透明で
【東京モーターショー2017】「クロスビー」や「スペーシア コンセプト」が登場するスズキブース モーターを前軸と後軸にそれぞれ2個ずつ搭載することで4WDとしている
モーターを前軸と後軸にそれぞれ2個ずつ搭載することで4WDとしている
【東京モーターショー2017】「クロスビー」や「スペーシア コンセプト」が登場するスズキブース 中央の球体は車両や路面状況などを映す未来型インターフェースとなっており、さまざまな情報をドライバーに伝える
中央の球体は車両や路面状況などを映す未来型インターフェースとなっており、さまざまな情報をドライバーに伝える

スペーシア コンセプト

【東京モーターショー2017】「クロスビー」や「スペーシア コンセプト」が登場するスズキブース 新しい軽ハイトワゴン「スペーシア コンセプト」。スーツケース風のデザインが随所に見られるのもおもしろい
新しい軽ハイトワゴン「スペーシア コンセプト」。スーツケース風のデザインが随所に見られるのもおもしろい

 軽ハイトワゴンの新しい形として、乗りやすさや使い勝手のよさだけでなく、スーツケースをモチーフとしたデザインなど遊び心もあるスペーシア コンセプト。“ワクワク”誰にでもというコンセプトどおり、実用性を重視しながらクルマの楽しさも追及しているモデルだ。

【東京モーターショー2017】「クロスビー」や「スペーシア コンセプト」が登場するスズキブース 低床で両側スライドの採用により、小さい子供や足の悪いお年寄りでも乗り降りしやすくなっている。足元のスペースも広々している
低床で両側スライドの採用により、小さい子供や足の悪いお年寄りでも乗り降りしやすくなっている。足元のスペースも広々している
【東京モーターショー2017】「クロスビー」や「スペーシア コンセプト」が登場するスズキブース 一見ダッシュボードにスーツケースを置いているかのようなデザインなど、遊び心もたくさん
一見ダッシュボードにスーツケースを置いているかのようなデザインなど、遊び心もたくさん
【東京モーターショー2017】「クロスビー」や「スペーシア コンセプト」が登場するスズキブース 左右分割可倒式で前後に大きくスライドするリアシートは、多彩なレイアウトを実現する
【東京モーターショー2017】「クロスビー」や「スペーシア コンセプト」が登場するスズキブース 左右分割可倒式で前後に大きくスライドするリアシートは、多彩なレイアウトを実現する
【東京モーターショー2017】「クロスビー」や「スペーシア コンセプト」が登場するスズキブース 左右分割可倒式で前後に大きくスライドするリアシートは、多彩なレイアウトを実現する
左右分割可倒式で前後に大きくスライドするリアシートは、多彩なレイアウトを実現する

スペーシアカスタム コンセプト

【東京モーターショー2017】「クロスビー」や「スペーシア コンセプト」が登場するスズキブース スペーシア コンセプトの派生モデル。グリルやカラーの変更により、迫力が増している
スペーシア コンセプトの派生モデル。グリルやカラーの変更により、迫力が増している

 メッキグリルの採用により、スペーシア コンセプトよりも若い層に向けたSpaciaの派生モデル。こちらも世界初の出展。乗りやすさや使い勝手はそのままに、迫力のあるフロントマスクと個性的なカラーリングにより、存在感が増している

【東京モーターショー2017】「クロスビー」や「スペーシア コンセプト」が登場するスズキブース 内装のデザインなどはスペーシア コンセプトと同じだが、配色が変わることで雰囲気は一変
内装のデザインなどはスペーシア コンセプトと同じだが、配色が変わることで雰囲気は一変
【東京モーターショー2017】「クロスビー」や「スペーシア コンセプト」が登場するスズキブース リアのデザインもクリアタイプのレンズやメッキタイプのグリルを使うことで高級感を演出
リアのデザインもクリアタイプのレンズやメッキタイプのグリルを使うことで高級感を演出

クロスビー

 注目の小型クロスオーバー「クロスビー」。軽自動車「ハスラー」のワイド版とも言える小型SUVで、全長や全幅などを軽自動車の規格より拡大、エンジンも1.0リッター直噴ターボを採用することで、ハスラーよりも余裕のある走りと居住性を併せ持つ。プレスカンファレンスで鈴木社長の「もっとみんなで」「もっと遠くへ」を(関連記事:スズキのテーマは「“ワクワク”を、誰でも、どこへでも」。EVの4WDコンセプトカー「e-SURVIVOR」公開)実現できるコンセプトを実現している。

【東京モーターショー2017】「クロスビー」や「スペーシア コンセプト」が登場するスズキブース 一見ハスラーと間違えるが、間近でみるとサイズ感がまるで違う。似たデザインながら、こちらは迫力あるものとなっている
一見ハスラーと間違えるが、間近でみるとサイズ感がまるで違う。似たデザインながら、こちらは迫力あるものとなっている
【東京モーターショー2017】「クロスビー」や「スペーシア コンセプト」が登場するスズキブース ブラックカラーではより顕著に迫力の違いが分かる
ブラックカラーではより顕著に迫力の違いが分かる
【東京モーターショー2017】「クロスビー」や「スペーシア コンセプト」が登場するスズキブース 搭載エンジンはバレーノXTやスイフトRStでも採用されている、1リッター3気筒直噴ターボエンジンはマイルドハイブリッドと組み合わされる
搭載エンジンはバレーノXTやスイフトRStでも採用されている、1リッター3気筒直噴ターボエンジンはマイルドハイブリッドと組み合わされる
【東京モーターショー2017】「クロスビー」や「スペーシア コンセプト」が登場するスズキブース 50:50の分割可倒式リアシートは、Spaciaと同じく前後にスライド可能で、多彩なシートアレンジを行なえる
50:50の分割可倒式リアシートは、Spaciaと同じく前後にスライド可能で、多彩なシートアレンジを行なえる
【東京モーターショー2017】「クロスビー」や「スペーシア コンセプト」が登場するスズキブース 深さのあるラゲッジスペース。簡単に取り外可能なので、濡れた荷物などでも気軽に収納できる
深さのあるラゲッジスペース。簡単に取り外可能なので、濡れた荷物などでも気軽に収納できる
【東京モーターショー2017】「クロスビー」や「スペーシア コンセプト」が登場するスズキブース リアに装備されているレーダーセンサー。バック時の衝突を防ぐもので、スズキ セーフティ サポートの一つ
リアに装備されているレーダーセンサー。バック時の衝突を防ぐもので、スズキ セーフティ サポートの一つ

クロスビー アウトドア アドベンチャー/クロスビー ストリート アドベンチャー

 クロスビーの使い方を提案するコンセプトモデル。アウトドア アドベンチャーは文字どおりアウトドア派のためのモデル。キャラバン隊をほうふつとさせるというアイボリー基調のボディカラーに、木目調の内装が組み合わされている。

 ストリート アドベンチャーは都市部を軽快に走るイメージの配色がされており、内装に地図柄ダッシュボードパネルを採用するなど、個性的な仕上がりとなっている。

【東京モーターショー2017】「クロスビー」や「スペーシア コンセプト」が登場するスズキブース アウトドアでの利用を想定したクロスビーのコンセプトモデル「アウトドア アドベンチャー」。アイボリー基調のボディカラーに、木目調の内装を備え
アウトドアでの利用を想定したクロスビーのコンセプトモデル「アウトドア アドベンチャー」。アイボリー基調のボディカラーに、木目調の内装を備え
【東京モーターショー2017】「クロスビー」や「スペーシア コンセプト」が登場するスズキブース 都市部を走るのにマッチしたデザインの「ストリート アドベンチャー」。サイドパネルと同色のホイールなど、おしゃれな仕上がり
都市部を走るのにマッチしたデザインの「ストリート アドベンチャー」。サイドパネルと同色のホイールなど、おしゃれな仕上がり

キャリイ軽トラいちコンセプト

 軽トラックであるキャリイの使い方を提案するコンセプトモデル。シート後方に大きめのスペースを確保しながら十分な荷台長を実現し、さまざまな用途で使えるように配慮。今回は移動販売での利用を想定したものだった

【東京モーターショー2017】「クロスビー」や「スペーシア コンセプト」が登場するスズキブース キャリイを仕事とレジャー、どちらでも使うためのユニークなコンセプトモデル
キャリイを仕事とレジャー、どちらでも使うためのユニークなコンセプトモデル
【東京モーターショー2017】「クロスビー」や「スペーシア コンセプト」が登場するスズキブース キャビン後方に大きなペースを設けているため、ドアの後ろに通常のキャリイにはない窓が備える。荷台の長さも十分に確保されている
キャビン後方に大きなペースを設けているため、ドアの後ろに通常のキャリイにはない窓が備える。荷台の長さも十分に確保されている

そのほかの展示物

 コンセプトモデル以外に、市販モデルもいくつか展示されている。その中でも9月に発売されたばかりの新型「スイフトスポーツ」は注目度が高い。黄色と青色の2台が展示されていたが、どちらも安全装置を備えたモデルで、「スズキ セーフティ サポート」をアピールしていた。

【東京モーターショー2017】「クロスビー」や「スペーシア コンセプト」が登場するスズキブース 9月に発売されたばかりの新型「スイフトスポーツ」。市販モデルながら注目度は非常に高かった
9月に発売されたばかりの新型「スイフトスポーツ」。市販モデルながら注目度は非常に高かった
【東京モーターショー2017】「クロスビー」や「スペーシア コンセプト」が登場するスズキブース スイフトスポーツに搭載されている1.4リッター直噴ターボエンジン「ブースタージェット」
スイフトスポーツに搭載されている1.4リッター直噴ターボエンジン「ブースタージェット」
【東京モーターショー2017】「クロスビー」や「スペーシア コンセプト」が登場するスズキブース 船外機「DF350A」も展示されていた。これ排気量4.390ccのV型6気筒エンジンを搭載し、350馬力を発揮する。スズキ初の二重反転プロペラを採用している
船外機「DF350A」も展示されていた。これ排気量4.390ccのV型6気筒エンジンを搭載し、350馬力を発揮する。スズキ初の二重反転プロペラを採用している

目黒廣道