ニュース

JAXAとトヨタ、月面有人探査活動に必要な「有人与圧ローバ」について検討開始。国際宇宙探査ミッションへの挑戦に合意

2019年3月12日 発表

 JAXA(宇宙航空研究開発機構)とトヨタ自動車は3月12日、月面での有人探査活動に必要なモビリティ「有人与圧ローバ」について検討を進めることなど、国際宇宙探査ミッションでの協業の可能性を検討していくことに合意した。

 JAXAとトヨタがこれまで共同で検討を進めてきた有人与圧ローバは、宇宙飛行士がシャツスリーブで一定期間居住可能な機能と空間を備え、宇宙服による乗降が可能で、飛行士の操作、遠隔操作及び自律運転により月・惑星表面上を持続的に移動可能な機体といい、FCV(燃料電池車)技術を用いて月面で1万km以上の走行を可能にするという。

有人与圧ローバのイメージ

 具体的な「有人与圧ローバ」コンセプト案は、サイズが6.0×5.2×3.8m(全長×全幅×全高)とマイクロバス約2台分の大きさで、居住空間は13m 3 と4畳半ワンルーム程度、2名が滞在可能で緊急時は4名滞在可能としている。

 同日開催された「国際宇宙探査シンポジウム」で行なわれた、トヨタ自動車 副社長 寺師茂樹氏とJAXA理事/宇宙飛行士の若田光一氏による特別対談において、若田理事は「JAXAでは、わが国の国際宇宙探査への参画に向けて、シナリオの検討や具体的なミッションの技術検討を行なっています。有人与圧ローバは、2030年代に想定している有人月面探査を支える重要な要素で、2029年の打上げを目指しています」とコメント。

 一方、寺師副社長は「私たちのクルマづくり、さらに、燃料電池を始めとした電動車両、そして自動運転の技術を通じ、今回の月面でのプロジェクトに参画できることは、エンジニアにとってこの上ない喜びであり、非常にワクワクしています」などとコメントした。

有人与圧ローバのイメージ動画