ニュース

マツダ、現行モデルから100kg以上軽量化する新型「ロードスター」を世界初公開

パワートレーンは直噴ガソリンエンジン×6速MT

新型「ロードスター」
2014年9月4日発表

 マツダは9月4日、4代目となるオープン2シータースポーツカーの新型「ロードスター」を公開した。価格は未発表だが主要諸元は開発目標値ながら公開され、ボディーサイズのほか、パワートレーンに直噴ガソリンエンジンと6速MTを組み合わせて採用することなども紹介。また、ニュースリリース内では「歴代の“ロードスター”の中で最もコンパクトなボディーサイズと、現行モデル比で100kgを超える軽量化を実現し、人馬一体の楽しさを飛躍的に向上」と表現している。発売時期は「2015年よりグローバルに導入する予定」とのこと。

新型「ロードスター」
【主要諸元】(開発目標値)
ボディータイプ オープンスポーツ
乗車定員 2名
全長×全幅×全高(mm) 3,915×1,730×1,235
ホイールベース(mm) 2,315
エンジン SKYCATIV-G 直噴ガソリンエンジン
トランスミッション SKYACTIV-MT 6速マニュアルトランスミッション
フロントサスペンション ダブルウィッシュボーン方式
リアサスペンション マルチリンク式
ステアリング 電動式ラックアンドピニオンパワーステアリング(EPAS)
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク / ソリッドディスク
タイヤサイズ 195/50 R16

(編集部:佐久間 秀)